logo

生物専門図鑑の読み放題サイト「図鑑.jp」、(公財)日本野鳥の会、(公財)日本自然保護協会の会員限定で年会費の永年10%割引を実施して、自然保護・環境教育活動に貢献



 インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎深雪)は、生物図鑑読み放題サイト「図鑑.jp」に関して、公益財団法人日本野鳥の会、公益財団法人日本自然保護協会の2つの自然保護団体の会員に対して、同サービスの年会費の永年10%割引をおこないます。

[画像1: リンク ]

リンク

【中上級者向けの図鑑が読み放題になる「図鑑.jp」】
 図鑑.jpは、複数の出版社が発行する中上級者向けの生物図鑑を電子書籍化して、読み放題にするサービスです。現在、「野鳥」「植物」の2ジャンルを展開しています。生物を調べるときに、和名、学名を入力することで複数の図鑑を便利に参照でき、通信環境が必要ですがスマトーフォン・タブレットで野外での閲覧も可能です。
 今回実施するサービスは、日本を代表する2つの自然保護団体(「公益財団法人日本野鳥の会」と「公益財団法人日本自然保護協会」)の会員限定で、同サービスの年会費を10%割引し、「植物」4500円/年、「野鳥」2700円/年(それぞれ税抜き)とするものです。両会の会員が、探鳥会や自然観察会で活用することで、2団体が展開する自然保護活動、環境教育活動に貢献することを目的としています。
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

写真=全国各地で開催されている探鳥会の様子(上/日本野鳥の会提供)、自然観察会は親子向けのものも多い(下/日本自然保護協会提供)

【2つの自然保護団体】

[画像4: リンク ]

公益財団法人日本野鳥の会
(会長=柳生博 会員数=約3万5000人)
 日本各地の野鳥保護の活動を行っている自然保護団体。全国の都道府県に支部を持ち、それぞれの活動も活発で多くの「探鳥会」を開催している。
リンク

[画像5: リンク ]

公益財団法人日本自然保護協会
(理事長=亀山章 会員数=約2万4000人)
 日本でもっとも歴史のある自然保護団体で、日本各地での各種自然保護活動のほか、「自然観察指導員」の養成を行っている。これまで4万人近い自然観察指導員を養成し、全国の自然観察会などで活躍している。
リンク


【図鑑.jp会費】
図鑑.jp植物コース=個人会員5000円/年(3端末まで利用可能)
図鑑.jp野鳥コース=個人会員3000円/年(3端末まで利用可能)
*法人会員はユーザ数、端末数、利用目的などで価格が変わります。
リンク
*年会費は、加入月を1ヶ月として、翌年前月末までとなります。
[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]

図鑑.jpはPCやスマートフォン、タブレットで電子書籍化した専門性の高い図鑑類を閲覧でき、図鑑から図鑑へのジャンプも容易です。


【決済方法】
・個人会員はクレジットカードのみ。
*領収書などは希望により作製・送付いたします。
*法人会員は別途ご相談ください。

【動作環境】
<PC>
・Windows:MS IE11以上、MS Edge最新版、Google Chrome 最新版、Firefox 最新版
・Mac:Safari 最新版、Firefox 最新版
<スマートフォン、タブレット>
・iPhone、iPad mini、iPad :Safari 最新版
・Android:Google Chrome 最新版


【山と溪谷社】 リンク
1930年創業。月刊誌『山と溪谷』を中心に、国内外で山岳・自然科学・アウトドア等の分野で出版活動を展開。さらに、自然、環境、エコロジー、ライフスタイルの分野で多くの出版物を展開しています。

【インプレスグループ】 リンク
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。2017年4月1日に創設25周年を迎えました。

以上

【本リリースについてのお問い合わせ先】
株式会社山と溪谷社 担当:神谷・塩崎
101-0051 東京都千代田区神田神保町1丁目105番地 神保町三井ビルディング
TEL 03-6744-1908   メールi-zukan@yamakei.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事