logo

MKI、グローバルでERPマネージドサービスを展開する、米国Velocity Technology Solutions, Inc.と国内で初めて代理店契約を締結

SAP社 ERP向け基盤の構築・運用を行う「MKI PaaSレイヤー・マネージドサービス for SAP(R) ERP」を8月から提供開始

 三井情報株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小日山 功、以下 MKI)は、ERPシステムのフルマネージドサービスを提供する、Velocity Technology Solutions, Inc.(本社:米国ノースカロライナ州、President & CEO:Keith Angell、以下 Velocity)と日本で初めて代理店契約を締結したことを発表します。MKIはこれに伴い、国内向けにVelocityのサービスを活用したSAP社のERP向けPaaS基盤提供サービス「MKI PaaSレイヤー・マネージドサービス for SAP(R) ERP」を8月から提供開始します。MKIは、5年後までに50社への「MKI PaaSレイヤー・マネージドサービス for SAP ERP」導入を目指します。



 Velocityは、SAP等主要なERPシステムの基盤からアプリケーションまでカバーしたマネージドサービスを提供しています。Velocityはその強みとして、独自の自動化技術(特許出願中)を持っており、通常2週間程度かかるSAP社の標準環境でのERP構築を、サイジング情報などを設定することで、1日で環境構築可能です。SLAもハードウェアやOS部分だけではなく、SAPの ERP部分まで含めて99.75%の稼働率を定義しているため、安定的な運用を提供します。また、Velocityのサービスはアマゾン ウェブ サービス(以下 AWS)をベースとしているため、事業規模が大きくなってリソースが更に必要な場合でも、差額の契約で柔軟にリソース変更が可能です。
 MKIは、これまでのSAPの ERPの構築・運用実績を活かし、Velocityと協業の上、SAPのERP向けPaaS基盤提供サービス「MKI PaaSレイヤー・マネージドサービス for SAP ERP」として、国内に展開します。PaaS基盤の提供と運用はVelocityが担い、ローカライズ、販売、問い合わせ窓口、一次切り分け等、全体マネージメントをMKIが担います。このように、PaaS領域をVelocityとMKIが担うことで、エンドユーザ並びにSIベンダーは、より独自の知見が必要となるアプリケーション領域にリソースを集中することが可能です。
 MKIはこれからも、様々なパートナーと協力しながら、SAP のERPシステムの構築から運用までの豊富なノウハウを活かした、付加価値の高いICTサービスやシステムを提供していきます。


■「MKI PaaSレイヤー・マネージドサービス for SAP ERP」概要図

[画像: リンク ]



【本製品サービスに関するお問い合わせ先】
三井情報株式会社
ソリューションセンター ERP推進部
TEL : 03-6376-1115   Email : sales@ml.mki.co.jp

【三井情報株式会社について】
三井情報株式会社(MKI)は、コンサルティングからシステム開発、基盤構築や運用・保守などITに関わる多様なサービスを半世紀にわたりお客様に提供してきました。合併10周年を迎えた2017年4月には新たに"デジタルトランスフォーメーションセンター"を設置し、お客様のビジネス創造を実現する新しいITサービスを展開しています。MKIは常に市場やお客様のニーズを捉え、蓄積された技術と知=KNOWLEDGEを駆使することで、新たなビジネスの創出と顧客への価値提供に絶え間なく挑戦し続けていきます。
ホームページ: リンク

※三井情報、MKI及びロゴは三井情報株式会社の商標または登録商標です。
※アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services, AWSは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。
※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。 

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。