logo

伊藤潤二で、真夏に震えるー。無料漫画サイト『ソノラマプラス』で「伊藤潤二 納涼祭」を開催!

株式会社朝日新聞出版 2017年08月03日 17時04分
From PR TIMES

伊藤潤二先生の作品を毎日配信!しかも初無料配信作品が目白押し!

夏といえばホラー!ホラーといえば伊藤潤二!無料漫画サイト「ソノラマ+」(リンク
)では、「真夏に震えるー伊藤潤二納涼祭」と題して、伊藤潤二の傑作集を8月31日(木)まで毎日配信いたします。しかも「富夫・赤いハイネック 」「緩やか別れ」「あやつり屋敷」など、初無料配信となる作品も目白押し。人気の「首つり気球」なども公開します。



[画像1: リンク ]

「真夏に震えるー伊藤潤二納涼祭」配信予定作品
リンク
[画像2: リンク ]


◎『魔の断片』より
「富夫・赤いハイネック 」
耳をふさいで必死に助けを求める男。始まりは彼女と2人で訪れた占い屋だった…
「緩やかな別れ」
早くに母を亡くした娘が嫁いだ先には不思議な慣習があった...。やがて訪れる親子の別れとは!?


[画像3: リンク ]

◎『伊藤潤二自選傑作集』より
「ファッションモデル」
ファッション雑誌にバケモノのような女が写っていた!?現実の彼女の正体に驚愕必死!!
「首吊り気球」
アイドルの首吊りからすべては始まった。終わらない惨劇にもう誰も逃げられない!?
「あやつり屋敷 」
7年ぶりに訪れた兄の家で異様な光景を目にする。そこでは全てが糸に吊るされ操られる恐怖の屋敷だった!?

[画像4: リンク ]

◎『伊藤潤二傑作集1』より
「地下室」
移植された肝臓から人体が再生していく…彼女は「富江」、男どもを狂わすバケモノーー。
「写真」
彼女を写真に収めると同時に化物が写り込んでいた。校内でバラまいた写真から富江を中心とした狂乱が始まった!!
「接吻」
聞こえるはずのない死んだ富江の呼び声が!?事件は何も終わっていなかった...!


[画像5: リンク ]

伊藤潤二プロフィール
高校卒業後、歯科技工士の学校へ入学し、職を得るも、『月刊ハロウィン』(朝日ソノラマ)新人漫画賞「楳図かずお賞」の創設をきっかけに、楳図氏に読んでもらいたい一念で投稿。1986年、投稿作「富江」が佳作受賞。本作がデビュー作となり、代表作になる。3年後、歯科技工士を辞め、漫画家業に専念。「道のない街」「首吊り気球」「双一」シリーズ、「死びとの恋わずらい」などの名作を生みだしていく。1998年から『ビックコミックスピリッツ』(小学館)で「うずまき」の連載を開始。その後も「ギョ」や「潰談」など唯一無二の作品を発表し続け、2017年に漫画家生活30周年を迎えた。

「ソノラマ+」
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。