logo

20代~30代前半の男性は、4人に1人が「サードプレイス男子」!? メンズシャンプーのニューウェーブ! 「サードプレイス男子」の心をつかむのは“こだわり”

アンファー株式会社 2017年08月03日 13時01分
From PR TIMES

機能・効果に加え、シャンプーに“くつろぎ”と“やすらぎ”を求める男性が急増中!

アンファー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:三山 熊裕)は、今どきの男性のサードプレイスの利用率とシャンプーの意識の相関性を調べるために、20歳~34歳の225名の男性を対象に『「サードプレイス男子」のシャンプーの意識調査』(調査期間:2017年7月12日)を実施しました。
この調査では、4人に1人の割合で「サードプレイス男子(サードプレイスを積極的に利用している男性)」がいることが明らかとなりました。また、「サードプレイス男子」の6割以上(63.2%)がシャンプー選びにこだわりを持っており、機能・効果に加え、“くつろぎ”や“やすらぎ”などの「サードプレイス的要素」を求めていることも明らかとなりました。




[画像1: リンク ]

これまで、20代~30代前半の男性(働き世代)が選ぶシャンプーの基準には、大きく2つの傾向があると考えられてきました。ひとつは「機能性(育毛、頭皮ケアなど)」、もうひとつは「家系(女性もの、安価なシャンプーなど)」です。しかし、今回の調査で明らかになった、4人に1人の割合で存在する「サードプレイス男子」は、上記とは異なる“こだわり”を持っています。事実、6割以上(63.2%)の「サードプレイス男子」がシャンプー選びに「こだわる」と回答。「こだわらない」という人は1人もいませんでした。一方、「サードプレイス男子以外」でシャンプー選びに「こだわる」と回答した人は、わずか1.7割(16.7%)程度でした。

具体的な傾向としては、「サードプレイス男子」のうち、スカルプシャンプーとオーガニックシャンプーを併用している人は3割を超えています(33.3%)。また、選ぶ際のポイントとして、シャンプーに「香り(75.4%)」と「リラックス(61.4%)」を求めていることもわかりました。このことからも、「サードプレイス男子」はシャンプーに機能と効果だけでなく、“くつろぎ”や“やすらぎ”などの「サードプレイス的要素」を求めていることが判明したのです。

今後はさらに、「サードプレイス男子」のような“シャンプーへのこだわりが強い男性”が増えていき、シャンプーに求めるニーズも多種多様化していくことが予想されます。

『「サードプレイス男子」のシャンプーの意識調査』概要
□調査時期 : 2017年7月12日(水)
□対象人数 : 225人
□調査対象者: 20歳~34歳(男性)
□対象エリア: 全国
□調査方法 : インターネット調査
□調査対象者: 20歳~24歳 男性 73人
        25歳~29歳 男性 75人
        30歳~34歳 男性 77人

■今どきの20~30代は4人に1人が「サードプレイス男子」!? シャンプーへのこだわりも忘れない!
<サードプレイスの認知度・利用率(図1)>
今回、今どきの男性の生活行動について「サードプレイス」をキーワードに調査を行いました。調査結果によると、「自宅(ファーストプレイス)」でも「職場(セカンドプレイス)」でもなく、自分らしさを取り戻せ、落ち着き、くつろぐことができる「第三の居場所(サードプレイス)」という言葉を知っている人は3人に1人(36.9%)。さらに、「サードプレイス」を積極的に利用している男性(「サードプレイス男子」)は4人に1人いることが分かりました。

<「サードプレイス男子」のシャンプーへのこだわり(図2)>
そんな「サードプレイス男子」に対し、シャンプー選びについて聞いてみたところ、6割以上(63.2%)の人がシャンプー選びに「こだわる」と回答。さらに9割以上の人が「こだわる・ややこだわる」と回答しました。「こだわらない」「何を選んだらいいかわからない」という人は1人もいませんでした。一方、「サードプレイス男子以外」の人でシャンプー選びにこだわると回答した人はわずか1割強(16.7%)。いかに「サードプレイス男子」がシャンプーにこだわりをもっているのかが明らかになりました。
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]


■「サードプレイス男子」はシャンプーにも“サードプレイス的要素”を求める!
<「サードプレイス男子」の使用シャンプー(図3)>
「サードプレイス男子」に現在使用しているシャンプーについて聞いてみました。その結果、「サードプレイス男子」のうち、スカルプシャンプーとオーガニックシャンプーを併用している人の割合は33.3%。この数字は、「サードプレイス男子以外(3.0%)」の実に11倍の併用率となります。つまり「サードプレイス男子」は、シャンプーに“スカルプケア“と“オーガニック”の両方を求めていることがわかりました。

<「サードプレイス男子」がシャンプーに求めるもの(図4)>
さらに、「サードプレイス男子」に対してシャンプーに求めるものを聞いたところ、「香り(75.4%)」と「リラックス(61.4%)」が欲しいと回答した人の割合が多くなりました。これはまさに、香りでリラックスしつつ、くつろぎとやすらぎを得られる「サードプレイス的要素」を、シャンプーにも求めていることの表れだと考えられます。
[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]


<参考>
■自分発信に積極的な「サードプレイス男子」!SNSへの投稿率は驚異の75%!(図5)
SNSの利用率について聞いてみたところ、「サードプレイス男子」は1日1回以上の頻度で投稿しており、SNSへの投稿率は75%という事が明らかとなりました。Instagramの利用率に着目すると、「サードプレイス男子」は4人に3人が利用していました。一方、「サードプレイス男子以外」は2人に1人しか利用しておらず、「サードプレイス男子以外」は自分発信に消極的なことが明らかになりました。このことから、「サードプレイス男子」は相対的に自分発信を好む傾向があるとわかります。
[画像6: リンク ]


アンファー株式会社について
アンファー株式会社は、1987年に会社設立。10月に30周年を迎えます。「予防医学」をタグラインに掲げ、“「いつまでも美しく、健やかに生きる」というエイジングケア・ライフスタイルの実現を支援すること。”という企業理念のもと、すべての人々に本当の「美」と「健康」の提供を目指すトータルエイジングケア・カンパニーです。多くの医師や臨床機関・研究機関との密接なリレーションを構築しながら、「スカルプD」シリーズをはじめ、化粧品、医薬品や宅配冷凍ジュース等、様々なエイジングケア商品・サービスの企画・研究開発および販売を行っております。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事