logo

フリマサービスで購入したハイブランド品の無料鑑定キャンペーンを実施

アクティブソナー 2017年08月03日 12時13分
From PR TIMES

~国内最大のブランド品リユースを手がける「RECLO」のプロ鑑定士が鑑定!正規品か否か?購入価格は適正だった?そんな不安をすべて解消~

株式会社アクティブソナー (所在地:東京都港区、代表取締役社長:青木康時、以下アクティブソナー)は、「フリマサービスで購入したハイブランド品の無料鑑定キャンペーン」を日本最大のハイブランド商品委託販売・買取サービス「RECLO(リクロ)」にて2017年8月3日より開始いたします。



[画像1: リンク ]

 本キャンペーンにご参加いただくと、フリマアプリおよびネットオークションで購入したハイブランド品がRECLO専属のプロ鑑定士により鑑定されます。正規品か否かが判明するとともに、正規品の場合はその商品の買取価格のみならず販売価格も提示されるため自身が所有する商品の本当の価値を知ることができます。また、結果に応じてRECLOで利用できるクーポン券もプレゼントします。さらに、発送・返送ともに送料無料です。「正規品かどうかわからない」「購入価格は適正だったのか」といった不安や懸念のあるハイブランド品をお持ちの方に気軽にご参加いただければと考えています。

<キャンペーン概要>
■実施内容:
フリマアプリ、ネットオークションで購入した対象のブランド商品をRECLOへ配送いただくとプロの鑑定士が無料鑑定します。購入した商品が正規品かどうか判明するとともにその商品がいくらで販売できるかを知ることができます。商品到着後2~5営業日を目安に鑑定結果をお知らせします。商品の発送・返送ともに送料無料で対応します。
■キャンペーン特典:
 ・鑑定の結果正規品だった場合:
  RECLOで利用できる3,000円分のクーポン券をプレゼント。RECLO保証カードをつけて商品を
  無料返送します。RECLOにて委託販売もしくは買取を行うことも可能です。
 ・鑑定結果が正規品ではなかった場合:
  RECLOで利用できる10,000円分のクーポン券をプレゼント。商品は無料返送します。
■実施期間:2017年8月3日~8月31日  ※実施期間は予定であり、途中で変更となる可能性があります
■キャンペーンサイト:リンク
 ※申込方法や対象ブランド等、詳細は上記キャンペーンサイトをご確認ください

<キャンペーン実施の背景>
 フリマアプリの台頭により誰もが自由に個人間売買ができるようになった一方で、あらゆるものを販売できることから消費者が今まで以上に商品購入の際に注意を払う必要が出てきました。平成27年警察庁発表資料によると、偽ブランド品押収点数は年々減少傾向にあるもののいまだに年間10万点もの偽ブランド品が押収されている事実があります。また、偽ブランド事犯のうちインターネットサービス利用によるものが8割にものぼります。フリマアプリが盛り上がりを見せているこの2年間でこれらの数値がさらに高くなっている可能性も考えられます。実際に、フリマアプリにおける偽ブランド品販売による事件もニュース等で複数取り上げられています。
 これらを受けて、このような事態が実際に起きているのかを知るためにアクティブソナーにてアンケート調査を実施、さらに複数のフリマアプリ、ネットオークションでハイブランド品を購入し自主調査を行いました。その結果、フリマアプリ、ネットオークションでハイブランド品を購入することに対して不安や懸念があることが判明しました(各調査結果は別添の参考資料をご参照ください)。このような状況を目の当たりにし、その実態をさらに把握できればと思い本キャンペーンを実施することを決定しました。
 アクティブソナーでは今後も拡大傾向にあるリユース市場において、RECLOを通じて多くの消費者が安心安全にリユースサービスを利用できる環境を整備していくことを一つの使命と捉えています。本取り組みを通して不安やリスクのあるリユースのイメージを払拭し、より多くの消費者がリユースを快適に楽しく活用する社会を実現したいと考えます。

▼RECLOについて(リンク)
RECLOは全品正規品保証をお約束するハイブランドリユースのワンストップサービスです。不要になったブランド品をRECLOに預けるだけ。あとはRECLOが専属の鑑定士による商品の査定・値付けから出品、取引成立後の入金確認まで全て面倒な作業を行います。RECLOでは、リユースニーズに応えるために個人間取引の間に立ち、リユースをさらにスマートにすべく今後も安心・安全な委託&買取サービスを展開していきます。
[画像2: リンク ]


▼株式会社アクティブソナーについて
アクティブソナーは、日本最大級の高級ブランド品の委託販売・買取サービス【RECLO】(RECLOはクローゼットの中身を整理するという意味の「リクローゼット」の略)の運営を通じて、高級中古ブランド品を中心に「オンライン CtoBtoC サービス」を提供する高級中古ブランド品のECベンチャー企業です。2014 年の事業開始以来国内ファッションECとの連携を強化、さらに2016年には中国展開を開始し日本最大の委託販売規模に成長しております。
■会社名:株式会社アクティブソナー リンク
■所在地:東京都港区芝1-9-3 芝マツラビル2F
■設立 :2012年11月
■代表者:代表取締役社長 青木康時

▼▼▼ 以下、参考資料 ▼▼▼

■■参考資料1.■■ フリマアプリ、ネットオークションに出品されたハイブランド品に関する独自調査結果
 アクティブソナーは、フリマアプリ、ネットオークションに出品されているハイブランド品に関する独自調査を実施いたしました。

<調査方法>
フリマアプリ、ネットオークションにおいて代表的な「メルカリ」「ラクマ」「フリル」「ヤフオク!」にて出品されているハイブランド品を購入。購入した商品はRECLO専属のプロ鑑定士により真贋鑑定を実施。

<商品選定方法>
●インターネット通販サイト「楽天市場」で販売されている商品の価格相場より40%程度安く販売されている商品を選定。
●「○○風」と紹介されている商品や明らかにコピー品とわかる商品は選定から除外。プロ鑑定士の目から見て正規品ではない可能性が高く、一方で一般消費者では正規品か否かの判断が難しく購入する可能性の高い商品を選定。
●過去の取引実績やレビュー数、コメントを確認したうえで、一定の評価を得ている出品者が出品する商品を選定。

<鑑定結果>
購入商品十数点すべてが正規品ではありませんでした。一部の商品は「正規品・正規店で購入品」と明確に記載がありましたが、鑑定の結果は残念ながら正規品と認められませんでした。今回は、鑑定した商品の中から以下4点の鑑定結果を紹介します。
[画像3: リンク ]


【PRADAのTシャツ】
[画像4: リンク ]

【GOYARDのパスケース】

[画像5: リンク ]

【CHANELのボトルネックレス】
[画像6: リンク ]

【Christian Louboutinのパンプス】

[画像7: リンク ]

■■参考資料2.■■ 中古品売買に関するアンケート調査結果
 アクティブソナーは、以下のとおりインターネット(フリマアプリやネットオークション)におけるハイブランド品の個人間売買に関する調査を実施いたしました。

<調査概要>
調査主体:インターネットリサーチfastask
調査対象:フリマアプリおよびネットオークションの利用経験がある20代~40代の有職者男女
割付方法:20代:167名、30代:225名、40代:167名 合計559名
調査期間:2017年7月27日(木)~7月28日(金)

【TOPICS】


インターネットにおける個人間売買経験者の内、フリマアプリやネットオークションでハイブランド品を購入した経験のある人は3割以下にとどまることが判明
フリマアプリやネットオークションでハイブランド品を購入しない理由の4割以上は「商品が正規品であるという保証がない」


[画像8: リンク ]



フリマアプリやネットオークションでハイブランド品を購入する場合、88.5%の人が「正規品という保証がある」という点を気にすることが判明。正規品であると保証されていれば9割以上の人がフリマアプリやネットオークションでハイブランド品を購入したい、もしくは検討すると回答。


[画像9: リンク ]

【考察】 
 ネットオークションやフリマアプリの普及により中古品に対する抵抗感が薄れ、これらを個人間で売買取引する消費者が増えています。しかしながら、平成27年の環境庁調査によると実際の中古品の購入経験者は3割と少ない結果となっており、中でもブランドものの中古品購入経験者は1割以下にとどまっています。
[画像10: リンク ]

 本調査からも、インターネットを活用した個人間取引におけるブランド品購入経験者は未だ3割にも満たないことが判明しました。この背景には、ブランド品という高価なものを個人から購入することに対し、「正規品である保証がない」という点が課題となっていることが浮き彫りとなりました。それとともに、正規品という保証があることでネットオークションやフリマアプリにおけるハイブランド品の購入希望者や購入検討者が増えることもわかりました。さらに、鑑定士による100%正規品保証があり適正価格で売買できるRECLOの委託販売サービスの利用意向を調査した結果、70.8%の人が「利用したい」と回答しました。

 実際にRECLOでは、2016年3月~2017年3月の1年間で売上は3.2倍、販売個数は2.8倍と増加しています。このことからも、個人間取引の不安や課題を解決することが現在のリユース市場規模約1兆1千億円(※)をさらに拡大していくと考えられます。
※自動車、バイク・原付バイク除く。平成27年環境庁調査より抜粋

<参考:RECLOにおける売上および販売個数の月間推移>
[画像11: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事