logo

「個人のものづくり支援 第3弾」 当社のFM音源LSIを搭載した電子工作用基板がウダデンシから登場

− スイッチサイエンスと秋月電子通商から8月30日(水)より販売開始 −

ヤマハ株式会社のFM音源LSI「YMF825」を搭載した電子工作用基板「YMF825Board」が、ウダデンシ※1から発売されます。8月30日(水)より、電子工作用の電子部品やキットを販売する、株式会社スイッチサイエンス(以下、スイッチサイエンス)と株式会社秋月電子通商(以下、秋月電子通商)のオンラインショップや店舗を通じて販売される予定です。なお、8月5日(土)、6日(日)の2日間、東京ビッグサイトで開催される「Maker Faire Tokyo 2017」のスイッチサイエンスのブースにおいて、「YMF825Board」のデモ展示と先行販売が行われる予定です。
※1:電子楽器「ウダー」などの制作を手がける宇田道信氏の活動名。



昨今、3Dプリンタや3D CADなどの発達や一般化に伴い、個人で「ものづくり」を行う動きが活発化しています。こうした動きや市場は、メイカームーブメントやパーソナルファブリケーションと呼ばれており、総務省 情報通信政策研究所の報告※2によると、「3Dプリンタ等の普及により、インターネットを介してアイデアやデータを交換して、個人レベルでもものづくりを行うことが可能となる新しい社会(ファブ社会)が到来しつつある」とされています。
※2「ファブ社会の基盤設計に関する検討会の報告書」:リンク
当社は、こうした「個人のものづくり」の成長性と可能性に着目し、これまでメイカー・パーソナルファブリケーション市場を対象に技術の投入を重ねてきました。当社の歌って奏でる半導体「NSX-1」を搭載した音源基板「eVY1 シールド」への技術提供(2013年10月)、当社の自然応答技術「HEARTalk™」を搭載した「HEARTalk™ UU-001」への技術提供(2017年6月)に続いて、今回の技術提供はその第3弾となります。
当社は、これまで企業向けにのみ供給されてきたヤマハのFM音源LSIを、一般コンシューマーにも解放することで、思いもかけないような新しい電子楽器・ガジェット・デバイスの登場に期待しています。
また、当社は引き続き、同市場への技術・製品投入を計画しており、今後も積極的に「個人のものづくり」を支援していきたいと考えています。


[画像: リンク ]

<ウダデンシ「YMF825Board」について>
電子楽器「ウダー」などの制作を手がける宇田道信氏が企画・開発した電子工作用の音源基板です。根強いファンを持つ、ヤマハのFM音源サウンドを、自作のガジェットなどからでも、なるべく安価で手軽に扱えることをコンセプトに開発されました。詳細についてはウダデンシ公式サイト(リンク)をご覧ください。

概要
価格(税込):3,240円
発売日:2017年8月30日(水)
企画・開発:ウダデンシ
販売:スイッチサイエンス、秋月電子通商
技術提供:ヤマハ
※詳細についてはウダデンシ公式サイト(リンク)をご覧ください。

特徴
・ヤマハ製 FM音源LSI「YMF825」を搭載
・4オペレーター・16和音に対応した豊かなサウンドの生成に対応
・人気のマイコンボードであるArduino(アルドゥイーノ)やRaspberry Pi(ラズベリー パイ)とSPIで接続し簡単なコマンドで発音させることが出来る
・「YMF825」内蔵のアンプでスピーカを直接駆動可能
・ヤマハ公式GitHubアカウント(リンク)で、制御用サンプルプログラムを随時公開予定

販売経路
・スイッチサイエンス 公式ウェブショップ(リンク
・秋月電子通商 秋葉原店、公式ウェブショップ(リンク


<「Maker Faire Tokyo 2017」でのデモ展示と先行販売について>
「YMF825Board」は、8月5日(土)、6日(日)の2日間、東京ビッグサイトで開催される「Maker Faire Tokyo 2017」(リンク)のスイッチサイエンスのブースにおいて、「YMF825Board」の40台限定先行販売とデモ展示が行われる予定です。


ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
リンク


※HEARTalk(ハートーク)は、ヤマハ株式会社の登録商標です。
※その他の文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事