logo

『ソードガイ The Animation』 Netflixオリジナル作品として2018年春に世界同時配信が決定!

フィールズ株式会社 2017年08月03日 11時08分
From Digital PR Platform


フィールズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:繁松徹也、以下「フィールズ」)と、株式会社ヒーローズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:白井勝也)は、動画配信サービスNetflixにて、アニメ『ソードガイ The Animation』の配信が決定いたしましたことをお知らせします。本作品は、フィールズと株式会社ディー・エル・イー(本社:東京都千代田区、代表取締役:椎木隆太、以下「DLE」)が共同製作中のアニメーションで、Netflixオリジナル作品として、2018年春に世界同時配信を予定しています。
『ソードガイ The Animation』は、2012年11月より月刊コミック誌「ヒーローズ」で連載中の『ソードガイ 装刀凱』(キャラクターデザイン:雨宮慶太、原作:井上敏樹、作画:木根ヲサム/現在、第2章『ソードガイ・ヱヴォルヴ』)を基にした、アニメーション作品です。コミックで原作を手掛ける井上敏樹氏がシリーズ構成・脚本として参加する他、日本有数のアニメスタッフが集結し、ダークヒーロー&アクションの一大巨編として鋭意制作中です。


【『ソードガイ The Animation』の取り組みについて】
DLEはキャラクターの開発、映像制作に加え、テレビ・スマホ・SNSなど多様なメディアでコンテンツを展開し、高いバイラル効果を発生させる「ソーシャル・キャラクター・マーケティング」を強みとしています。一方、フィールズはキャラクターやストーリーなどのIP(知的財産)を中核に、コミック、映像をはじめ、ゲーム、遊技機に至る幅広い分野にクロスメディア展開を手掛けています。
本プロジェクトにおいて、両社の持つノウハウやネットワークを最大限に活用し、アニメコンテンツ開発を推進しています。今回の国内・海外における映像展開に加え、今後はゲーム分野やマーチャンダイジング分野等、幅広いエンタテインメント領域へさらに取り組みを拡大していく予定です。

【「月刊ヒーローズ」連載作品『ソードガイ 装刀凱』】
数多の人の血を吸い、伝説となった武器は、時として命を持つ。体に武器を宿した人間が憎悪と殺意を抱くとき、殺戮のみを求める武装魔と化す。長きに渡り武装魔と対峙してきた組織「処史代」と、武器として生きる事を運命づけられた青年「凱(ガイ)」。武器に魅入られた人間達と武装魔の、人類滅亡を賭けたダークファンタジー&アクション。
第1章収録の単行本全6巻に加え、「月刊ヒーローズ」では、現在、第2章となる『ソードガイ・ヱヴォルヴ』が連載中。単行本1~3巻を上梓。

●「月刊ヒーローズ」公式サイト『ソードガイ 装刀凱』の作品ページはこちら
リンク

【『ソードガイ 装刀凱』作者陣プロフィール】
■キャラクターデザイン:雨宮慶太
妖しく崇高な世界を創造する映画監督、イラストレーター、キャラクターデザイナー。
代表作に『牙狼<GARO>』『ゼイラム』など。

■原作:井上敏樹
“ヒーローもの”に人間ドラマを注入した稀代のストーリーテラー。
代表作に『仮面ライダー555』『仮面ライダーアギト』『鳥人戦隊ジェットマン』など。
現在、「月刊ヒーローズ」にて『仮面ライダークウガ』の脚本も担当。

■作画:木根ヲサム
独自の筆致で人間の美しさと生々しさを両立させ続ける、
気鋭のマンガ家。
代表作に『まつろはぬもの~鬼の渡る古道~』『黒×羊~12 人の優しい殺し屋~』など。


【「月刊ヒーローズ」とは】
ヒーローを基軸としたキャラクターやストーリーで構成した月刊コミック誌。単行本が累計発行部数260万部を突破した清水栄一×下口智裕による『ULTRAMAN』や、2017年4月よりTVアニメが放送された『アトム ザ・ビギニング』、アニメ化が決定しているケモノ系バトル『キリングバイツ』、井上敏樹氏が脚本を手掛け、新しい伝説を紡ぐ『仮面ライダークウガ』、33年ぶりに奇跡の復活を果たした細野不二彦氏による『さすがの猿飛G』など、レジェンドヒーローからオリジナルヒーローまで、あらゆるジャンルのヒーローが活躍する作品を連載中。

【Netflixとは】
世界最大級のオンラインストリーミングサービス。190以上の国で1億400万人超のメンバーにご利用いただいています。オリジナルコンテンツ、ドキュメンタリー、長編映画など、1日1億2500万時間を超える映画やドラマを配信しています。メンバーはあらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけオンライン視聴できます。コマーシャルや契約期間の拘束は一切なく、思いのままに再生、一時停止、再開することができます。

Netflix:リンク
YouTubeチャンネル:リンク
ツイッター(@NetflixJP): リンク 
フェイスブック:リンク
インスタグラム:リンク


<本作品に関するお問い合わせ先>
フィールズ株式会社 コンテンツプロデュース課
TEL:03-5784-5871 / Email:press@fields.biz

<本資料に関するお問い合わせ先>
フィールズ株式会社 コーポレートコミュニケーション室
TEL:03-5784-2109 / Email:press@fields.biz

<株式会社ヒーローズに関する報道関係者のお問い合わせ先>
株式会社プラップジャパン 小野澤・御園生
TEL:03-4580-9102 / FAX:03-4580-9128 / E-Mail:heros@ml.prap.co.jp


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事