logo

【衝撃】巷には216万人の認知症が疑われるドライバーがいる?!

ベスプラ 2017年08月03日 07時00分
From PR TIMES

~1万人以上が実施した運転免許証更新時の認知機能検査の結果統計レポート~

株式会社ベスプラは、75歳以上のドライバーが免許更新時に行う「認知機能検査」を忠実に再現したWebサイトを公開し、4ヶ月で12,000人に実施頂きました。より安全な未来を目指すために、検査結果の統計を報告いたします。
運転免許証更新の認知機能検査サイト:リンク



■レポート対象
・検査:警視庁より公表されている運転免許更新のための認知機能検査をWebで忠実に再現した検査
・採点:警視庁より公表されている仕様に基づき採点し、第1分類から第3分類へ振り分け
・対象:40代~80代以上:8,459人(受験者全体:12,642人)
・期間:2017年3月12日~2017年7月31日

■ポイント
・年代の上昇に応じて、認知症が疑われる「第1分類」率が高くなる
・年代ごとの「第1分類率」と「交通事故死亡者数」はおおよそ比例する
・60歳以上で「第1分類(認知症が疑われる)」ドライバーの人数が約216万人と算出された
・「脳にいいアプリ」にて認知機能を鍛えれば、認知機能検査の点数も改善する

■図・表の説明
・図1は、年代ごとの認知機能検査の分類比率を表示
・図2は、年代・性別ごとの認知機能検査の第1分類率と、年代ごとの交通事故死亡者数を表示
・図3は、年代・性別ごとの認知機能検査の第1分類免者数を表示(警視庁統計より引用)
・図4は、脳にいいアプリの使用者における認知機能検査上昇率を表示

■検査およびアプリ
・運転免許更新時の認知機能検査サイト: リンク
・脳の健康維持アプリ「脳にいいアプリ」: リンク

■図1. 年代別における認知機能検査分類表


[画像1: リンク ]


■図2. 年代別における第1分類率と、交通事故死亡者数
[画像2: リンク ]


■図3. 年代性別における第1分類者数
[画像3: リンク ]


■図4. 脳にいいアプリ使用前後の認知機能検査点数の変化
[画像4: リンク ]


■図5. 脳の健康維持アプリ「脳にいいアプリ」
[画像5: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。