logo

SANYのコンクリート機械が東南アジアの新たなランドマーク建設に役立つ

SANY 2017年08月02日 16時49分
From 共同通信PRワイヤー

SANYのコンクリート機械が東南アジアの新たなランドマーク建設に役立つ

AsiaNet 69530 (1157)

【ホーチミン市(ベトナム)2017年8月2日PR Newswire=共同通信JBN】ホーチミン市に建設中の81階建ての高層ビルLandmark 81は完成後、ベトナムで最も高い建物となる。このプロジェクトでこれまでに、SANYのコンクリート機械11基が使用されてきた。

ビル全体の高さは、ハノイの超高層ビルKeangnam Landmark 72(カンナム・ランドマーク72)より110メートル高い461メートルになる。多目的タワーとなり、高級アパート、ホテル、ショッピングセンター、レストラン、バー、360度展望台が入る。最近、46階までできた。

この建設で、基礎と建物主部のコンクリート作業はすべてSANYの機械が担った。SANY HBT12020Cトレーラーポンプ5基、HBT9035CH超高圧トレーラーポンプ1基、HGR28プレーシングブーム3基が期日通りのプロジェクト完成のため休みなく稼働してきた。建設が進むと、200メートルの高度から最上階までコンクリートを注入するため、超高圧トレーラーポンプ2基が新たに顧客から発注された。

機械の順調な稼働を保証するため、SANYは現場で顧客サービスを提供する2人の修理技術者を派遣している。サービススタッフの上質で総合的な保守管理により、SANYのコンクリート機械はこれまで故障の報告もなく極めて優秀な性能を示している。

Landmark 81のプロジェクト・ディレクターとアソシエート・ディレクターは「われわれはすでにBurj Khalifa Towerや上海World Financial Towerの建設でSANYの設備を使っており、よく分かっている。SANYは世界的なコンクリート機械の専門家だ」と語った。高い稼働効率、3日で1階分のコンクリート注入、安定性、アフターサービスが今回も評価された。

SANYは2007年以来、アジア太平洋地域で多くの大型プロジェクトに積極的に参加してきた。ベトナムのビンタン発電所、オーストラリアのホイートストンLNGプロジェクト、中国-ラオス鉄道などである。一帯一路構想に従い、SANYは信頼性の高い機械と付加価値アフターサービスを顧客に提供する取り組みを続ける。

▽SANYについて
SANY Group(SANY)は世界有数の重機械メーカーで、米国、ドイツ、ブラジル、インドに工場を持ち、世界の100カ国・地域超で事業を展開している。世界で最も革新的で成功した企業の1つと評価され、そのコンクリート機械は世界第1位とされている。

詳細は次を参照:www.sanyglobal.com
またはFacebook、YouTubeでSANY Groupをフォロー

▽問い合わせ先
Lisa Li
+86-10-6073-7444
lixm20@sanygroup.cn

リンク

ソース:SANY

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事