logo

JBL史上初! Bluetoothイヤホン用チャージングケース登場!「JBL HEADPHONES CHARGING CASE」新発売

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:トム・メッツガー)は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」より、JBL初のBluetoothイヤホン用チャージングケース「JBL HEADPHONES CHARGING CASE」を8月4日(金)より発売いたします。



[画像1: リンク ]


今回発売となるJBL HEADPHONES CHARGING CASE(ヘッドホンチャージングケース)は、Bluetoothイヤホンの充電が可能なイヤホンケースです。近年、Bluetooth市場が拡大したことから、イヤホンケースとして使用しながら充電ができる本製品が誕生いたしました。

本製品は、ソフトで丈夫なシリコンをケース上蓋に採用し、外部の衝撃からイヤホンを保護します。また、バッテリー搭載でありながらコンパクトかつ軽量デザインのため、小さなカバンにも容易に収まります。内蔵バッテリーは、Bluetoothイヤホンを最大16時間分充電できる容量を搭載しており、通勤・通学の約1週間分の充電*をイヤホンケースに収納しながら、充電することができます(*通勤・通学時間:週5日、片道1.5時間で試算した場合)。さらに、15分の充電で最大1時間分の充電ができる急速充電に対応しているので、お出かけ前の時間がないときなどにも活躍します。

直感的に使用できるイヤホンケースは、内部のマイクロUSB端子に、Bluetoothイヤホンの充電部を接続するだけのシンプル設計。イヤホンケース上部にはケースのバッテリー状態を表示する4つのLEDインジケーターが用意されており、バッテリー状態を一目で確認することができます。また、外側から操作が可能な電源ボタンを押すことでバッテリー状態を確認出来ます。

JBL初の、イヤホンの保護・持ち運びと同時に充電が可能となった本製品をぜひご活用ください。

【特長】
■コンパクトサイズでソフトかつ丈夫なシリコン製を採用。

[画像2: リンク ]


ソフトで丈夫なシリコン製を採用しているため、外部の衝撃からイヤホンを保護します。またバッテリー搭載のイヤホンケースでありながらコンパクトで軽量なデザインのため、小さなカバンにも容易に収まります。

■最大約16時間※1まで充電対応。

[画像3: リンク ]


内蔵バッテリーは、Bluetoothイヤホンを最大16時間分充電できる容量を搭載しており、通勤・通学の約1週間分の充電※2をイヤホンケースに収納しながら、充電することができます。
また、イヤホンケース本体を充電しながら、ケース内のBluetoothイヤホンも充電可能ですので、帰宅後は、ケース本体を充電するだけのかんたん設計です。
※1.使用環境により異なります。※2.通勤・通学時間:週5日、片道1.5時間で試算した場合

■15分で最大1時間分の急速充電が可能。


最初の15分は最大1時間分の充電が可能な急速充電に対応しています。お出かけ前の時間がないときなどにも活躍します。 ※各イヤホンの仕様により変動します。

■イヤホンケースのバッテリー状態を表示する4つのLEDインジケーター&外側から操作が可能な電源ボタン付き
直感的に使用できるイヤホンケースは、内部のマイクロUSB端子に、Bluetoothイヤホンの充電部を接続するだけのシンプル設計を採用。イヤホンケースにはイヤホンケースの充電状態を表示する4つのLEDインジケーターがあり、バッテリー状態を一目で確認することができます。また、外側から操作が可能な電源ボタンを押すことでバッテリー状態を確認出来ます。
[画像4: リンク ]

※イヤホンは別売り

【主な仕様】
製品名:JBL HEADPHONES CHARGING CASE
カラー:ブラック
サイズ(HxWxD):約90×80×40(mm)イヤホン収納部:約55×75×40(mm)
重量:約80g
電池:リチウムイオン充電池 内蔵バッテリー容量:400mAH<充電:約2時間、充電可能容量:約16時間※1>
付属品:充電用ケーブル
発売日:2017年8月4日(金)
価格:オープンプライス※公式通販サイト販売価格4,380円(税抜)
※1:時間は、使用環境により異なります。

<JBLについて>
美しい外観とプロ・サウンドを両立した家庭用スピーカーの開発を目指して設立。以来、世界中のあらゆる音楽が関わるシーンで、プロアマ問わず信頼され、愛用され続けている、世界最大級のオーディオメーカーです。
家庭用超高級スピーカーからイヤホン、ヘッドホン、ホームシアターを展開。また、トヨタを始めとする車載純正オーディオ、マルチCメディア用などの民生機器から、世界中の映画館、スタジアム、コンサートホール、そして放送局やレコーディングスタジオなどが対象となる業務用機器を投入しています。JBLは世界中の競技場で音響システムとして採用されており、ブラジルワールドカップでは全競技場の6割がJBLの製品を採用しました。

<ハーマンインターナショナル(米国本社/Harman International Industries, Incorporated)について>
ハーマンインターナショナルは、プレミアム・オーディオ、ビジュアル、コネクテッド・カーと、それらを統合したソリューションを、自動車、消費者、プロフェッショナルの市場に向けて、設計・製造・販売しています。弊社のAKG(R)、Harman Kardon(R)、Infinity(R)、 JBL(R)、 Lexicon(R)、Mark Levinson(R)を含む主要ブランドは、オーディオ愛好家やアーティスト、イベント/コンサート会場などで多く利用され、称賛を受けています。また今日では、弊社のオーディオやインフォテイメント・システムが装備された自動車が世界で2,500万台以上走っており、弊社のソフトウェアサービスは、オフィスや家庭、車やモバイルなどあらゆるプラットフォームにおいて、何十億台ものモバイル端末やシステムが安全な接続や統合を行えるよう、支えています。ハーマンインターナショナルは全世界に約30,000名の社員が在籍、2016年12月末までの12か月で72億米ドルの売上を報告しています。

<先行展示のご案内>
今回の新商品を六本木・HARMAN Store 東京ミッドタウン店にて8月2日(水)から展示、先行予約を行います。リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事