logo

東大発ベンチャーXenoma、スマートアパレルe-skinを個人向けにKickstarterを開始

株式会社Xenoma 2017年08月02日 08時00分
From PR TIMES

株式会社Xenoma(東京都大田区、代表取締役CEO網盛一郎)は、カメラなしでユーザーの動きを認識するスマートアパレル「e-skin」を個人開発者向けに提供するため、Kickstarterプロジェクトを開始しました。



[画像: リンク ]


e-skinは、軽くて着心地が良く、洗濯も可能な普通の「服」でありながら、センサーを搭載してユーザーの動きを認識できるスマートアパレルです。VRなどのゲームのコントローラーとして使用することで、例えば格闘ゲームでは直観的で没入観のあるユーザー体験をもたらします。また、ジョギングやヨガなどの運動フォームのモニタリングにも活用することが可能です。

これまでは法人向けのみの提供となっていましたが、量産体制が整備されたことにより、個人ユーザーにリーズナブルな価格でご提供できるようになりました。新しいモーションインプットツールをより広く個人に対して提供することで、社会における様々な課題の解決や、新たなユーザー体験の実現に役立つことを目指します。

開発用のSDKには、WindowsとAndroid(Visual C#・Unity)とJava SDKに加え、Microsoft HoloLensなどとの連携を可能にするUWPアプリ用SDKが既に用意されており、e-skinをHoloLensに直接接続したデモの様子が動画で公開されています。また、MacOS・iOSやUnreal Engineなどにも対応開発環境を拡張する予定です。

加えて、SDKには、AI初心者でもディープラーニングを活用し、オリジナルのモーション判定機能を開発できる環境が含まれます。e-skin Shirt及びe-skin Hubの計20のセンサーデータを1つの画像ファイルに変換する機能が提供されており、Googleが提供するオープンソースライブラリTensorFlowにそのままインプットし、学習させることが可能となります。機械学習により、さらに複雑な動作解析を行うことができます。

Kickstarterでは、先着100名限定の支援プランで479ドルからe-skinが受け取れます。ライセンスは個人ユーザー向けとなっており、内容物は法人向けと同様のe-skin Shirtとe-skin Hub、SDKのセットが提供されるほか、ミニゲームアプリをダウンロードすることができます。支援の受付は9月6日まで、目標額は5万ドルとなっています。
Kickstarterプロジェクトの詳細 リンク

<e-skinについて>
14個の伸縮センサーを有する服e-skin Shirtに、e-skin Hubと呼ばれるコントローラーを接続して使用します。e-skin Hubには6軸のモーションセンサーが内蔵され、Bluetooth通信でスマートフォンやPCに接続でき、micro USBでの充電が可能です。

<株式会社Xenomaについて>
東京大学・染谷研究室/JST ERATO染谷生体調和エレクトロニクスプロジェクトからのスピンオフベンチャー。Printed Circuit Fabric(電子回路布)と呼ばれる、伸縮性回路を布上に形成する技術を活用したスマートアパレルe-skinの開発・事業化を行っています。NEDO STS助成事業の支援により、2017年2月にe-skin DKの法人向け販売を開始しました。
着心地の良さにこだわり、今後はセンサーの種類を増やすことを計画しています。

【お問い合わせ】
株式会社Xenoma
TEL: 03-5735-4622
担当:富取
Email: info@xenoma.com
URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事