logo

松尾ジンギスカン、自社採用サイトOPEN!道民のソウルフードを世界に向け発信できる人材を

株式会社アドヴァンテージ 2017年08月02日 08時10分
From PR TIMES

リンク



採用コンサルティング事業を手掛ける株式会社アドヴァンテージ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中野 尚範)は、株式会社マツオ(本社:北海道滝川市、代表取締役社長:松尾 吉洋)の自社採用サイト構築支援をいたしました。採用サイトの構築・運用を通じて、同社にマッチングする応募者獲得に尽力致します。
[画像1: リンク ]

■松尾ジンギスカンとは
松尾ジンギスカンは、「いつでも、どこでも美味しい道民のソウルフードとして、家族や仲間との思い出づくりに貢献し続けること 北海道が誇る食文化ジンギスカンのおいしさを、世界へ向けて発信してゆくこと」をブランドプロミスとしており、「松尾ジンギスカン」を中心とした食肉の製造、販売、卸、レストランの運営、およびその他の業態のレストラン、道産品の店舗・通販を行っています。
安全な食と食文化を提供し、北海道のソウルフードとしてジンギスカンを広める同社は、2017年で創業61年となり、変わらぬおいしさを守り抜く一方、道外への出店や新業態の店舗開発、M&Aなど、常に新しいことにチャレンジする攻めの会社です。

■飲食店で働く人のモデルケースを~10年先の人材を獲得のために
同社は2014年から、社内の教育制度やキャリアパス、就業規則の改善といった社内の仕組みづくりを行ってきました。そして更なる採用強化を行うために、応募者の中でも同社の理念に共感し、チャレンジできる人材(中途・パートアルバイト・新卒)を獲得するために、当社が提言する自社採用サイトとそのプロモーション「ちょくルート」を採用しました。大手求人ナビだけではなく、自社採用サイトを通じて理念や・ビジョンをより深く伝えること、さらに応募につながるサイト運用を行う方針を決定いたしました。
◇松尾ジンギスカン自社採用サイト: リンク

[画像2: リンク ]

■自社採用サイトを活用した狙い
 同社は、「三方善し」の考えを大切にしており、お客様に期待以上の価値を提供することが巡って、会社として全員で幸せを分かち合えるようになると信じ、このような理念を全社員に浸透させ、お客様と接するように心がけています。
 昨今、新卒採用では「オワハラ」という言葉が登場したことによって「入社してほしい」と積極的には口説かず、選ばれるのを待つ、消極的な採用姿勢に陥っている企業も少なくありません。
 しかし同社では、トップが理念を社員に語るのはもちろんのこと、求職者にも積極的にその想いを伝えてご理解いただき、応募時は既に理念に共感し、同じフィーリングで働けるという方に集まっていただけることを期待しています。だからこそ、自社採用サイトで自由に会社の魅力を伝え、求職者へ発信すること、そしてそのサイトが多くの人から見られる運用の手法を選択しました。

【会社概要】
社名: 株式会社アドヴァンテージ
所在地: 神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-19 アプリ新横浜ビル6F
代表取締役社長:中野 尚範
事業内容: 自社採用サイトの構築、運営、集客支援(採用マーケティング事業)
公式サイトURL:リンク
【取材等のお問い合せ先】
株式会社アドヴァンテージ Mail: info@ad-vantage.jp Tel: 045-477-1033

【会社概要】
社名: 株式会社マツオ
所在地: 北海道滝川市流通団地1丁目6番12号
代表取締役社長:松尾 吉洋
事業内容: 食肉製造・販売、飲食業、観光土産品販売
公式サイトURL:リンク
◇松尾ジンギスカン自社採用サイト: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事