logo

「30周年記念 かいけつゾロリ大冒険展」京都高島屋で開催!最新刊の原画も展示!

株式会社高島屋 2017年08月01日 17時01分
From Digital PR Platform


いたずら王者を目指すキツネの主人公ゾロリが、双子のイノシシ兄弟のイシシとノシシとともに大冒険を繰り広げる「かいけつゾロリ」シリーズ。おもしろいいたずらをしかけては元来の人の良さが顔を出し、ことごとく失敗。どんな困難にも立ち向かう前向きなゾロリは、子どもたちのヒーローです。

1987年にポプラ社より第1巻が刊行され、小学生を中心に大人気を博している本シリーズが、今年30周年を迎えました。累計発行部数3500万部を超えるロングセラー児童書シリーズで、今年7月には最新61巻「かいけつゾロリのかいていたんけん」が刊行されました。

本展では30周年を記念し、これまでの大冒険の歴史を振り返りながら、貴重な原画約150点を展示するほか、ゾロリが集めた“お宝”を随所にちりばめ、作品の世界観を体感することができる会場を構成します。お子様はもちろん、20代30代の昔読んでいた親世代まで、ご家族みんなでゾロリワールドをお楽しみください。

【会場構成】※実際の展示順とは異なります。
■原画&お宝展示
「かいけつゾロリ」シリーズ既刊61巻から、厳選された原画約150点を展示。ゾロリたちと一緒に、彼らの大冒険の歴史を一挙にめぐることができます。

また、ゾロリが集めた“お宝”の数々が立体となって登場。第1巻「かいけつゾロリのドラゴンたいじ」の『いなずまのつるぎ ぐにゃぐにゃのけん』や、第6巻「かいけつゾロリのチョコレートじょう」でお目見えした『ブルルチョコ』、第27巻「かいけつゾロリのめいたんていとうじょう」の『黄金のライオン』、第54巻「かいけつゾロリのまほうのランプ~ッ」の『まほうのランプ』など、ゾロリの“お宝”約20点が会場のあちこちに登場します。

■「かいけつゾロリ」シリーズ創作のひみつ
原ゆたかさんのアトリエを再現。読者をワクワクさせ続けてきた冒険やいたずらのアイデアなどは、ここから生まれました。

■トリックアート&フォトボックス
ゾロリたちが切り抜けてきたピンチの場面のフォトスポット(2箇所)を設置します。第6巻「かいけつゾロリのチョコレートじょう」の崖から落ちるシーン、第15巻「かいけつゾロリつかまる!!」のゾロリが入れられた牢屋のシーンの中に入って、記念撮影ができます。

【原ゆたかさん プロフィール】
1953年熊本県熊本市に生まれる。1974年KFS(講談社フェーマススクールズ)コンテスト、講談社児童書図書部門賞受賞。代表作は「かいけつゾロリ」シリーズの他、著書多数。

【開催概要】
30周年記念 かいけつゾロリ大冒険展
■会  期:2017年8月2日(水)~8月14日(月)
■会  場:京都高島屋7階グランドホール (京都市下京区)
■入場料(税込):一般800円、大学・高校生600円、中学生以下無料
■入場時間:午前10時~午後7時30分(午後8時閉場)※最終日は午後4時30分まで(午後5時閉場)
主催:京都新聞 / 原作:原ゆたか / 特別協力:ポプラ社 / 協力:バンダイナムコピクチャーズ・亜細亜堂・原京子 / 企画制作:東映


画像は、「かいけつゾロリのドラゴンたいじ」1巻(1987年)
(C)原ゆたか/ポプラ社

【京都高島屋ホームページ】
リンク

【お問い合わせ】
京都高島屋
京都市下京区四条通河原町西入真町52
TEL:(075) 221-8811(代)





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事