logo

ライフネット生命保険 働く人のためのがん保険「ライフネットのがん保険 ダブルエール」を本日発売

働きながらがんを治療するためのサバイバーシップ支援サービスをご用意



[画像1: リンク ]


 ライフネット生命保険株式会社 (URL:リンク 本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩瀬大輔)は、2017年8月1日から「ライフネットのがん保険 ダブルエール」を発売しましたので、お知らせします。

 「ライフネットのがん保険 ダブルエール」は、がん罹患者の声を聞きながら開発した当社初のがん保険です。約75%のがん罹患者が、がんと診断された後も退職せずに働きながら治療を続けている現状*1を考慮し、治療費に備える「治療サポート給付金」に加えて、がん治療に伴う休職や時短勤務等による収入の減少に備える「がん収入サポート給付金」のダブルの保障で、働く人のためのがん保険として開発しました。さらに、働きながらがんを治療するためのサバイバーシップ支援サービスとして、がん罹患者の要望が多い「家事代行」、「サポートタクシー」、「外見ケア」、「食材宅配」などを用意することで、がん罹患者のサポート体制を整えました。
[画像2: リンク ]


■「ライフネットのがん保険 ダブルエール」の3つのポイント
1. 「がん罹患後に、働きながらがんを治療することをサポートする」という新しいコンセプト
・働きながらがんを治療することが一般的になっている時流に合致
2. 働く人のためのがん保険として、がんの治療費に加えて、収入減少をダブルでサポート
・手術等の3大治療を受けたとき、「治療サポート給付金」をお支払い
・がん罹患後の収入減少などに備えて、「がん収入サポート給付金」でしっかりサポート
3. がん罹患者の声を反映したサバイバーシップ支援サービスをご紹介
・「家事代行」、「サポートタクシー」、「外見ケア」、「食材宅配」などのサービスを紹介


■商品の概要
 「ライフネットのがん保険 ダブルエール」の保障内容は以下のとおりです。
 「がん診断一時金」をベースに、必要に応じて、「治療サポート給付金」、「がん収入サポート給付金」の2つの給付金を付加することで、3つのタイプをご用意しました。これにより、がん罹患後に働きながらがんを治療することを応援します。
契約年齢:20歳以上70歳以下、保険期間:終身
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]


■サバイバーシップ支援サービス*2
 当社は、がん罹患者の声を聞きながら、働きながらがんを治療するためにサバイバーシップ支援サービスをご用意しました。いずれもがん罹患者の強いニーズにお応えしたサービスで、それぞれの分野の専門企業と提携することにより、サバイバーシップ支援サービスとして紹介します。なお、本サービスは、今後、提携企業を増やすことによりラインナップを拡充するとともに、株式会社ベアーズとの間ではがん罹患者向けの家事代行の商品プランを共同開発する予定です。(リンク
[画像5: リンク ]


*1. 東京都福祉保健局 「がん患者の就労等に関する実態調査」
*2.「サバイバーシップ支援サービス」は、がん保険「ダブルエール」の契約者が、がん罹患時に働きながらがんを治療することなどをサポートするために、当社が紹介する提携企業のサービスの総称です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。