logo

総合転職エージェントの株式会社ワークポートと留学エージェント・株式会社留学情報館が業務提携

株式会社留学情報館 2017年08月01日 10時00分
From PR TIMES

IT業界の人手不足解消へ向け、海外で英語とITを学んだ若者を、国内企業へ紹介

総合留学エージェントの株式会社留学情報館(東京都新宿区、代表:大塚庸平、以下留学情報館)と総合転職エージェントの株式会社ワークポート(東京都品川区大崎、代表取締役社長 CEO:田村高広、以下ワークポート)は2017年7月7日、業務提携契約を締結しました。同年8月1日より、海外留学から帰国した人向けのキャリア支援サービスを開始します。両社が特に力を入れるのが「IT人材の育成・就職支援」。海外へのIT留学に力を入れる留学情報館と、IT業界の転職に強みを持つワークポートが、お互いの強みを活かし、2030年には*78万人が不足すると言われているIT人材の育成から企業への紹介まで、一貫してサポートするのが狙いです。



[画像1: リンク ]



■IT先進国で英語とプログラミングを学ぶ「IT留学」

留学情報館は日本の若者を中心に年間約1,000人の海外留学支援事業を行っていますが、2016年からフィリピン・セブ島への「IT留学」に特に注力しています。その理由を代表・大塚はこう話します。

「フィリピンは途上国のイメージがありますが、実はITに関してはBPOも盛んで、非常に進んでいます。そして英語が公用語。だから優秀なエンジニアは日本など飛び越えて、アメリカやヨーロッパでびっくりするような高給で活躍しています。一方、日本は英語もろくに話せないしIT人材も不足している。このような状況に強い危機感を感じています。」

留学情報館は2016年にセブ島にオフィスを開設。現地IT専門学校と協力して留学生をサポートしています。学生は、IT業界を目指す若者から、ブリッジSEを目指す現役エンジニアまで様々です。

IT専門学校では現役のエンジニアが英語とプログラミングを同時に教えます。「IT留学」経験者は、エンジニアとしての基礎を学ぶとともに、英語も習得して、将来的にはブリッジ人材として活躍していくことが期待されます。


■IT系に強いワークポートが帰国後の就職をサポート

ワークポートはこれまで25万以上の利用者を数える、総合転職エージェントですが、もともとITビジネスに専門特化したエージェントとしてスタートし、IT業界の転職に強みを持っています。両社が提携することにより、IT教育からそれを踏まえた転職までを一貫してサポートすることができ、求職者、求人企業双方にメリットのあるサービスとなります。留学情報館のサービス利用者は、下記のサービスを無料で受けることができます。

【サポート内容】】
・帰国後3ヶ月~最大1年間の英会話レッスン
・業界、職種に専門特化した転職コンシェルジュによる、帰国留学生の希望・条件・スキルに合わせた求人提案。(本人の希望する企業への選考フォローなども実施。)
・応募書類添削、面接対策など


[画像2: リンク ]

両社は、この提携が、日本のIT人材不足解消、ひいてはIT業界の活性化につながることを狙いとしています。


▼株式会社ワークポートについて
IT業界に専門特化した転職エージェントとして2003年に設立。あらゆる領域において深刻な人材不足が課題として浮かび上がる昨今、2014年にはより多くの雇用の創出を実現するために総合人材紹介・転職エージェントへと大きく舵を切る。さらに2017年4月1日より、取り扱う業界・業種、エリアごとに分割していた人材紹介事業部を、取り扱う「職種」、「エリア」によって切り分け、子会社化することで個々の業界の専門性向上、マッチング精度向上に努めている。

本社所在地:東京都品川区大崎1-2-2アートヴィレッジ大崎セントラルタワー6F/9F
代 表 者:代表取締役社長 CEO 田村高広
設   立:2003年3月
公式サイト:リンク
サービスサイト:リンク
人材登録サイト:リンク

▼株式会社留学情報館について
会社概要
会社名:株式会社留学情報館(リンク
所在地:東京都新宿区西新宿7-2-12松下産業ビル2F
代表:大塚庸平 創立:2010年6月1日
事業内容:留学あっせん事業、海外生活サポート、インターネットポータルサイトの運営、旅行業法に基づく旅行業、有料職業紹介業 他。

手数料無料の留学サポート会社です。東京、大阪、ロサンゼルス、ニューヨーク、セブにオフィスを構え、アメリカでは最大規模の送客数を誇ります。また同社の運営するFacebookページは会員約11万人を数え、ほぼ毎日留学に役立つ情報を配信しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事