logo

獣医師監修 犬の靴・靴下専門店『docdog(ドックドッグ)』 脱げにくさと滑りにくさを追求した、自社開発商品 犬用靴下「Skitter(スキッター)」を8月1日より、オンラインストアで販売開始

株式会社ディライトクリエイション 2017年08月01日 10時00分
From PR TIMES

株式会社ディライトクリエイション(本社:東京都港区、代表取締役:廣末秀一)が展開している、犬の社会課題を獣医学研究者と共に考えるブランド「docdog(ドックドッグ)」は、2017年8月1日(火)より、初の自社開発商品である犬用靴下「Skitter(スキッター)」を販売開始いたします。



[画像1: リンク ]

飼い主が気づいていない愛犬の足のリスク

犬の靴や靴下は、足元を外傷の危険から守り、怪我の予防に役立ちます。元来、犬は野生で生活をしていたため、素足でも肉球や四肢に関する危険は無いように思われがちです。しかし、現代社会に生きる犬は人工物で囲まれた環境で生活するため、野生時とは異なるさまざまな危険に触れることになります。例えば、真夏のアスファルトによる肉球火傷の危険や、室内のフローリングなどの滑る床を乾燥した肉球で歩行した際に起こる転倒やそれに伴う脱臼・骨折、慢性疾患(※1 )などです。これらの危険性を把握していない飼い主の方も多く、知らず知らずのうちに愛犬の身体に負担をかけている可能性があります。※1:膝蓋骨内方脱臼、推間板ヘルニア、股関節形成不全等

[画像2: リンク ]



リスクを軽減する、獣医師監修の犬用靴下「 Skitter(スキッター) 」

この度発売する「Skitter(スキッター)」は、初の自社開発商品となります。(URL: リンク)獣医師監修のもと、犬の骨格構造を考えて開発された、脱げにくく伸縮性に優れた犬用靴下です。フローリングでの滑り防止や、外傷保護、傷の舐め防止などさまざまな生活のシーンでご利用いただけます。シリコン素材の滑り止めを採用し、靴下が回転しても滑り止めが効くように、足の甲の部分にも滑り止めを備えた設計にしています。Skitterは、可動の軸となる関節部分をゆるく、その前後を締め付けるようにすることで、激しく動いても脱げにくいように設計されています。


[画像3: リンク ]



Skitter(スキッター)商品概要

獣医師監修のもと、犬の骨格構造を考えて開発された、脱げにくく伸縮性に優れた犬用靴下です。フローリング床での滑り防止や、外傷保護、傷の舐め防止など様々な生活のシーンでご利用いただけます。シリコン素材の滑り止めを採用し、靴下が回転しても滑り止めが効くように、肢の甲の部分にも滑り止めのある設計にしています。また犬の骨格構造を考えて開発されたSkitterは、可動の軸となる関節部分をゆるく、その前後を締め付けるようにすることで、激しく動いても脱げにくいように設計されています。


商品設計に携わった、docdog獣医師からのコメント

犬も年をとってくると、足腰が弱って踏ん張りがきかなくなります。また、さまざまな病気やそれに伴う手術などが原因で四肢の保護が必要になったり、体力の低下から体温調節が難しくなったりすることで、靴下があった方が良い場面などもあるものと考えております。高齢犬が増加していく中で、これからますます屋内での靴下の需要は高まっていくでしょう。飼い主の方が、「もしかしたら、うちのコにも靴下があった方がいいのではないか」、そう思った時に、安心して気軽に試していただける製品を作りたいと考え、今回の製品開発に至りました。


[画像4: リンク ]

商品名:Skitter(スキッター)
URL: リンク
価 格:1,350円(税込)
内 容:犬用の靴下 2個入り
カラー:マリンイエロー・サニーレッド (2色)
サイズ:XS / S / M (3サイズ)
対応犬種:小型犬
素 材:コットン、ポリウレタン、ナイロン
使用シーン:滑り防止、高齢犬介護、体温調節、保湿、舐め防止、外傷保護、床傷付き予防

〈ポイント〉
■ 1セット2個入りなので、前足、後足のそれぞれにフィットしたサイズを選択可能
■ 犬の骨格を考えて絞りの位置を2重設計しているため、多くの犬にとって動きを妨げにくく、脱げにくい構造
■ 足裏が回転しても滑り止めが効くように、足の甲の部分にも滑り止めのある設計
■ 靴下に滑り止めがついており、フローリング等での滑りを防止
■ 伸縮性に優れた仕様で、愛犬の足の形にぴったりフィット
■ 足先の保温にも役立つ

Skitter(スキッター)発売を記念した1日限定ファンイベントを実施

[画像5: リンク ]


Skitterの発売を記念して7月29日(土)に1日限定ファン試着会イベントを開催し、30名以上のdocdogのお客様にご参加いただきました。イベントでは、新商品Skitterの紹介や成城こばやし動物病院の小林元郎医院長による「犬の肉球リスク」に関する特別講演を実施。その後、愛犬の足のサイズを測定し、新商品Skitter及びdocdogオンラインストアで取り扱っている犬用靴3品(「マッドモンスターズ」、「おさんぽソックス」、「アーバンウォーカー」)の試着体験をしていただきました。


[画像6: リンク ]

試着体験会に、参加されたお客様からは「グリップ機能が付いているから、滑りやすいところでも遊べる」「Skitterは履きやすいみたい」「講演会の内容で、室内でも外でも足と肉球へのリスクは沢山あるんだなぁと改めて考えさせられた」といった様々なコメントが寄せられました。


Instagramで「#いぬくつ部」を検索!

イベントに参加いただいたお客様の中には、InstagramでSkitter含むdocdogの紹介をして下さった方もいました。日常生活に靴を取り入れていらっしゃる飼い主の方の投稿が集まっています。
[画像7: リンク ]


docdog (ドックドッグ)について

「docdog(ドックドッグ)」は、人と⽝の幸福な未来を目指し、獣医学研究者などの⽝の専⾨家と共に、生活の質を上げる商品や情報を発信しています。取扱商品である靴・靴下は、あらゆる場面で⾁球を保護する機能的なアイテム。日常使いからアウトドア、⽼⽝の滑り予防に至るまで、様々な⾜元トラブルを予防、保護します。獣医師監修のもと、機能性とデザイン性を軸に、世界中から厳選した商品を取り扱っているのも特徴のひとつ。獣医学研究者、獣医師などを監修に迎え、生活に役立つ⽝の情報をプロの編集者がまとめるwebマガジンも運営しています。

[画像8: リンク ]


獣医学研究者と共に犬との暮らしを考えるブランド

docdogは、獣医学研究者と共に立ち上げ、作り上げられたブランドです。協力いただく方々の専門分野は、動物行動学を中心に皮膚科学、栄養学など多岐にわたり、そのネットワークの核となる獣医師が docdog専任のメンバーとして内部からプロジェクトへと参画しています。

docdog ONLINE STORE について

docdog ONLINE STORE (リンク)は、愛犬のための靴と靴下を厳選して販売するセレクトECショップです。取扱商品は獣医師監修の下、信頼できる商品のみを世界中から取り寄せ、豊富な品揃えとなっております。犬のための靴は、地面に直接触れる犬の肌(肉球)をさまざまな怪我や外傷のリスクから遠ざけ、大切な愛犬のカラダを守るだけでなく、山登りやトレッキングなど、よりアクティブに飼い主との遊びを楽しむ犬にとっては、思わぬ怪我を予防するアイテムとなります。

[画像9: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。