logo

中国人観光客向け実用アプリ『暢遊(ちんゆう)日本』に新機能を搭載

商品コードスキャンで10万点以上の商品情報を「中国語(簡体字・繁体字)」で閲覧可能に

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)が運営する中国人観光客向けの実用アプリ『暢遊(ちんゆう)日本』(累計ダウンロード数200万ダウンロード以上)は新たに、商品コードにQRコードリーダーをかざすだけで10万点以上の商品情報を「中国語(簡体字・繁体字)」で手軽に入手できる機能を搭載しました。



[画像1: リンク ]



【機能搭載の背景】

近年、様々な国際イベントを目前にインバウンド市場がさらに拡大し、益々の中国人観光客の増加が見込まれています。さまざまな目的のもと訪れる個人旅行者はさらに増加することが予想されます。

また、観光客の訪日理由の大きな要素であるショッピングにおいては決済や個人認証、販売促進等においてQRコードリーダーを利用するシーンが急速に広がり、中国語圏(特に中国大陸)では日常的に使われています。そのような状況変化に対応すべく、本アプリでもQRコードリーダー機能の実装と拡張をするに至りました。

【POINT】


アプリ内にQRコードリーダー機能が新たに搭載され、商品コードの読み取りが可能
QRコードリーダーを商品コードにかざすことで、10万点以上の日本の商品情報を「中国語(簡体字・繁体字)」で即座に変換でき、ショッピング中の検索の煩わしさや言葉の壁を解消することができる
薬であれば成分、用法・容量が表示される(※) ※商品によって情報は異なります。



【『暢遊(ちんゆう)日本』アプリ画面】

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]






【アプリ概要】

[表: リンク ]



今回搭載されるQRコードリーダー機能は今後、弊社発行のフリーペーパー「暢遊(ちんゆう)日本」(※)との連携を深めていきます。
※フリーペーパー・「暢遊(ちんゆう)日本」とは、中国・台湾・香港からの訪日中国人観光客を対象に、訪日客の関心が高いショッピング、グルメ、トラベル、エンターテイメント、イベントなどの最新情報を満載した、訪日中国人観光客向けフリーペーパーです。携帯に便利なコンパクトサイズで、訪日中国人観光客に好評を得ています。

【マイナビのインバウンド事業とは】
中国・台湾・香港をターゲット市場としたインバウンドメディア事業を2008年から開始。長年培った旅行会社との関係性や、地図制作のプロとしての経験、フリーペーパー事業のノウハウを活かし、訪日旅行客に必要な情報をタイムリーに届けます。現在ではメディア領域に留まらず、インバウンドプロモーションにおけるソリューション全般の提供を行っています。
※「暢遊日本」とは「日本思う存分楽しむ」という意味の中国語です。

詳細はこちら:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。