logo

ハードウェアスタートアップの体感型プログラム「Tokyo IoT Monozukuri College 2017」DEMODAY

テクノロジーシードインキュベーション株式会社 2017年08月01日 09時00分
From PR TIMES

ハードウェアのスタートアップを目指すなら必見!

TOKYO創業ステーション「Startup Hub Tokyo」にて2017年5月から全9回・約3ヵ月間に渡って開講された「Tokyo IoT Monozukuri College 2017」において「モノづくりの基礎知識」、「起業に不可欠なチームづくり」、「資金調達の方法」など様々な実務のノウハウを習得してきた参加メンバー全6チームによる最終成果発表となるイベント「Demoday」を8月5日(土)に開催いたします。



[画像1: リンク ]



「Tokyo IoT Monozukuri College」は、ハードウェアを作りたい、ハードウェアで起業したいといった方を対象としたハードウェアスタートアップの体感型プログラム。
[画像2: リンク ]

TOKYO創業ステーション「Startup Hub Tokyo」にて2017年5月より全9回・約3ヵ月間に渡って開講された本プログラムでは、「モノづくりの基礎知識」、「起業に不可欠なチームづくり」、「資金調達の方法」など様々な実務のノウハウを習得してきました。その学びの集大成として、参加メンバー全6チームによる最終成果発表となるイベント「Demoday」を8月5日(土)に開催いたします。
「Demoday」のご観覧はハードウェアスタートアップに興味がある方ならどなたでもご参加いただけますので、6チームが紡いできたハードウェアにおけるスタートアップのアイデア発表、タッチ&トライ、交流会などにご参加いただけると幸いです。


日時:2017年8月5日(土)15:00~18:00(開場:14:30)

15:00-15:10 事務局挨拶
15:10-15:40 <第一部>基調講演『世界市場で戦えるモノづくりスタートアップに必要なこと』
15:40-17:10 <第二部>参加チーム6チームによる成果発表会
17:10-17:40 ネットワーキングタイム・タッチ&トライ
17:40-18:00 審査結果発表

場所:TOKYO創業ステーション「Startup Hub Tokyo」(東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル1階)
参加対象:ハードウェアスタートアップに興味がある方、ハードウエアスタートアップの支援に携わっている方
参加料:無料
定員:50名


<第一部> 基調講演 講師
関 信浩 氏(FabFoundry, Inc. 創業者)

<第二部> 成果発表会 審査員
入月 康晴 氏(地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター 情報技術グループ長兼 IoT開発セクター長)
鈴木 亮久(ガチ鈴木) 氏(株式会社KADOKAWA ASCII編集部 ASCIISTARTUP)
高瀬 昇太 氏(株式会社blincam CEO)
ほか

詳細はこちら
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。