logo

訪日外国人向けメディア「SAMURAI MEETUPS」で集客サービスを開始

SMU 2017年07月31日 13時17分
From PR TIMES

―外国人目線のPRを通じた地域へのインバウンド誘致の促進―

NPO法人SAMURAI MEETUPS(本社:東京都中央区銀座、代表理事:宮下晃樹、以下当団体)は、インバウンドNPO初となる訪日外国人向けWebメディアにて、イベント集客サービスを開始致します。



<5年連続で前年比20%超のペースで訪日外国人が増加、体験型インバウンド需要が進む>
 日本政府観光局(JNTO)は、2016年の訪日外国人観光客数が累計で2,403万9千人(前年比21.8%増)となって、過去最高を更新したことを発表しております。加えて、観光庁による2016年『訪日外国人消費動向調査』によれば同調査に外国人の訪日理由では28.5%が「日本の伝統・現代文化の体験または鑑賞」であると挙げており、特にフランスやアメリカ合衆国など欧米では高い数値をマークしております。
 しかし、「日本の歴史・伝統文化体験」「自然体験ツアー・農漁村体験」「舞台鑑賞」「四季の体感」の項目においては、実際に滞在中に行った方と行えず次回行いたいと考えている方に平均9.5ptの差があり、期待されている体験型コンテンツの整備が求められています。
 
 そのような中で、当団体は2014年10月より、過去60回の伝統文化体験イベントの企画・運営を通じて34ヶ国延べ1000名が参加しております。また、成田市を中心として、自治体向けにも訪日外国人目線のコンテンツ作りや成田国際空港を活用したプロモーションを実施して参りました。
 
<体験型コンテンツを運営するSAMURAI MEETUPSによる集客サービスの開始>
 この度、集客サービスを開始する「SAMURAI MEETUPS」は、インバウンドNPO初の訪日外国人向けWebメディアです。体験型コンテンツを運営しながら実施した独自のマーケティング調査に基づき、外国人観光客が「知りたかった」と回答した記事をオンライン上で4月より公開しています。
 
 そこで、当メディアの海外での認知の高まりを受けて、本日より集客サービスを開始しました。これにより、訪日外国人が訪日前にイベント情報にアクセスすることが可能になり、主に自治体や個人事業者向けに、今まで外国人誘致を図りたいと考えていたけれども、実現化に至らなかった企画の集客支援が可能になります。
 
 例えば、地域の魅力ある祭りに外国人を誘致することで、訪日外国人のナイトライフの充実による滞在満足度向上に繋がるだけでなく、地域の観光まちづくりのサポートができます。また、訪日外国人向け商品のPRイベントへの集客を通じて、外国人の消費行動を促進することも可能です。さらに、国際交流イベントに外国人を呼び込むことで、日本人にとっても異文化理解や外国語学習の機会拡大につながります。
 
【メディアサイト概略】
◆サイト名:SAMURAI MEETUPS
◆内容:訪日外国人向けインバウンドメディア
◆URL: リンク
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。