logo

東京電力グループとのオープンイノベーションプログラム※1 未来の暮らしを変革する「CHANGE and CHALLENGE IoT Scalerator PROGRAM」を7月31日より開始

募集サイトオープン&スタートアップ企業の募集開始 リンク

 シード特化型の出資・インキュベーションを行う株式会社サムライインキュベート(本社:東京都品川区、代表取締役:榊原健太郎、以下「サムライインキュベート」)は、東京電力ホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:小早川智明、以下「東電HD」)と共同で、未来の暮らしを先端テクノロジーで変革させるスケーラレータープログラム※2「CHANGE and CHALLENGE IoT Scalerator PROGRAM」を、2017年7月31日(月)より開始いたします。
同時に募集サイトを公開し、スタートアップ企業※3の募集を開始いたします。



[画像: リンク ]

 本プログラムは、斬新なアイディアやノウハウを持つスタートアップ企業と共創し、短期間でビジネスを加速させるものであり、東京電力グループ全体が「新しい事業の創造」と「スマートな暮らしの実現」を目的として行います。参加スタートアップ企業には、東京電力グループが取り組むスマートホームのデータ・インフラ・デバイス各種、電力の供給先として繋がる2,700万件の顧客基盤やビッグデータ、保有している設備やデータアセットなど、様々な事業アセットを活用して新規ビジネス創出に取り組んでいただくことが可能です。

 サムライインキュベートは、東京電力グループのより良い未来創造の実現に向けた次世代のエネルギー産業を担うビジネス創出への想いに賛同し、本プログラムにおいて、国内外でのスタートアップ支援実績を活かした企画・運営・実施のほか、メンタリングサポート、良いビジネスアイディアを持つ企業への出資検討などを行います。

 今後もサムライインキュベートは、ベンチャーキャピタルとしてこれまで国内外において最先端のスタートアップ企業約135社に出資・インキュベーションを行なってきたノウハウを活かし、新規ビジネス創出を目指したオープンイノベーション促進の取り組みを行ってまいります。

※1 自社で保有する資源や技術と、社外の技術・アイディア等と組み合わせることで革新的な新しい価値を作り出すこと
※2 スケール(Scale)とアクセラレーター(Accelerator)を組み合わせた造語で、スタートアップのアイディアからのサービス創造とその後のスケール支援を行うアクセラレーター
※3 新しいビジネスモデルを創造・開発し、成長スピードの速い企業


■「CHANGE and CHALLENGE IoT Scalerator PROGRAM」開催概要
メインテーマ:先端技術と「街」「家」「人」を繋ぎ、スマートな暮らしを実現する新しい事業を創造
詳細テーマ:
 1. 「Smart Home」 家と家族の暮らしを豊かにするアイディア
 2. 「Smart Society」 日常暮らす街中における課題を解決させるアイディア
募集サイトURL:リンク
スケジュール:
 2017年7月31日(月)         募集サイトにて応募開始
 2017年8月26日(土)、9月13日(水)   応募説明会
 2017年9月26日(火)         応募締め切り
 ~2017年10月12日(木)        一次審査 書類審査/二次審査 面談
 2017年10月中旬           採択企業決定・メンタリング開始
 2018年1月(予定)           Demo Day(成果発表会)
参加費:無料

主催:東京電力ホールディングス株式会社
共催:東京電力パワーグリット株式会社
   東京電力エナジーパートナー株式会社
   株式会社サムライインキュベート


■会社概要
社名: 株式会社サムライインキュベート
設立: 2008年3月
本社所在地: 東京都品川区東品川2-2-28 Tビル2F
代表: 代表取締役 榊原健太郎
URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事