logo

ティファニー、個性溢れるスタイルを表現した2017年秋の広告キャンペーンを発表

ジャネール・モネイ、エル・ファニング、ゾーイ・クラヴィッツ、アニー・クラーク、キャメロン・ラッセル、デヴィッド・ホールバーグを起用




ティファニーは、個性と自己表現の力を讃える2017年秋の広告キャンペーン「There’s Only One」を発表しました。非凡なスタイルや強さ、想像力豊かなビジョンを持ち、異なる分野で活躍する6人のモデルが、キャンペーンの顔として登場します。

チーフ・アーティスティック・オフィサーのリード・クラッコフは、次のように述べています。「ティファニーは常に、クリエイティビティと情熱に溢れ、前向きであり続けることを理想として掲げてきました。被写体の自然体な美しさと個性豊かなスタイルを表現したこのポートレートには、才能溢れる個々の魅力が存分に描き出されています」

今回の広告キャンペーンは、リード・クラッコフがティファニーでクリエイティブな世界観を表現する最初のプロジェクトです。クラッコフ率いるティファニーのクリエイティブチームは、著名なフォトグラファーデュオ、イネス&ヴィノードを起用しポートレート作品を撮影したほか、撮影の舞台裏を捕えた映像を制作しました。個性豊かなポートレートに写る像にはティファニーのアイコニックなジュエリーがスタイリングされ、美しく煌めきます。

女優のエル・ファニングは、複数のティファニー キーを着用し、自身のスタイルを主張します。
[画像1: リンク ]


ボリショイバレエとアメリカン・バレエ・シアターでプリンシパルを務めるバレエダンサーのデヴィッド・ホールバーグは、ティファニーの伝説的なデザイナー、ジーン・シュランバーゼーがデザインしたバード オン ア ロックのクリップを身に着けて登場。コントラストが印象的なポートレートに仕上げられています。
[画像2: リンク ]


女優、歌手、モデルとして活躍するゾーイ・クラヴィッツは、ティファニー ハードウェアの新作ジュエリーとリターン トゥ ティファニーのペンダントを斬新に着けこなしています。
[画像3: リンク ]


シンガーソングライターであり、アカデミー賞ノミネート女優でもあるジャネール・モネイは、自身のタイムレスで革新的なスタイルに合わせ、リターン トゥ ティファニーのクラシックなハート ペンダントにティファニー ハードウェアのリングを重ね着けした個性的なスタイルで登場します。
[画像4: リンク ]


アメリカ出身のモデルで、活動家でもあるキャメロン・ラッセルは、ティファニー T Twoリングと、エルサ・ペレッティによるダイヤモンド バイ ザ ヤードを着用しています。
[画像5: リンク ]


セイント・ヴィンセントの名で活躍するミュージシャン、アニー・クラークは、ティファニー ビクトリアをエレガントに着こなしています。
[画像6: リンク ]


この広告キャンペーンには、ブランドの180年の歴史の中でティファニーのジュエリーを身に着けてきた数多くの女性・男性の、パーソナルなスタイルが色濃く反映されています。キャンペーンのビジュアルと映像は雑誌やウェブサイトで展開されるほか、ソーシャルメディアではハッシュタグ#TheresOnlyOneとともに紹介される予定です。

【ビハインド・ザ・シーン映像】
リンク

@TiffanyandCo #TheresOnlyOne

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。