logo

Libalent プロゲーミングチームUnsold Stuff Gamingとエージェンシーパートナー契約を締結

株式会社Libalent 2017年07月27日 16時00分
From PR TIMES

esportsに特化したエージェンシー事業を展開する株式会社Libalentは、プロゲーミングチーム Unsold Stuff Gamingとエージェンシーパートナー契約を結びました。

両者の強みを活かしながら、国内のesports市場の発展に貢献すべく、尽力して参ります。



esportsに特化したエージェンシー事業を展開する株式会社Libalent(本社:東京都新宿区、代表取締役:相澤 崇裕・以後Libalent)はUnsold Stuff Gaming(チーム代表:高橋 大輔・以後USG)とエージェンシーパートナー契約を結びましたことをお知らせいたします。

<esportsとは>
esportsとはコンピューターゲームや、ビデオゲームを使った対戦を競技として捉える際の名称で、市場規模の成長率は昨年41.3%と高い伸びを見せております。
また、2022年にアジア競技大会にて正式メダル種目に選ばれるなど、今後の成長が期待されています。

<LibalentとUSG>
Libalentは日本初のesportsに特化したエージェンシー事業を展開する会社です。esportsに関わる「企業様からの広告相談や広告プランニング」、「企業様への広告・スポンサー協賛の営業業務」という広告代理店業務だけではなく、「契約プロチーム・大会における専属の広告窓口対応」、「イベントや大会・各種媒体における制作相談」および「契約プロチームや契約選手のキャスティング」などスポーツマネジメント業務まで幅広く提供しております。

USG は強豪プロゲーミングチームで、様々なゲーム部門を保有しています。
特にLeague of Legend部門は開発元のライアットゲームズが開催する公式リーグ「League of Legends Japan League」において2017spring spirit3位、Overwatch部門は歴史的快挙を遂げた2017年WorldCupの日本代表6人中3人が所属選手から選出されるなど、どの部門も国内トップクラスの実力を誇っており、様々な大会で活躍をしています。
USGは、性別や身体的特徴の垣根を越えて競い合うことができるesportsの魅力をより多くの人に伝えることで、ゲームプレイヤーのイメージ改善とゲームが現在のスポーツのような将来性のある競技として世の中に認知を広げて、すべてのゲームプレイヤーに希望を与えることを目的に活動しています。

<エージェンシーパートナー契約を通して>
Libalentと USG がともに活動することにより、コアユーザーからライトユーザーまで、より多様な層へのアプローチが可能となり、esportsへの関心を持つ方をより多く生み出すことができます。
また、esports業界での取り組みをお考えの企業さまに対して、豊富な活動実績と様々な活動バリエーションを持つ、安心できるご相談先となることが可能になりました。
esportsに関わる広告事業やイベント、番組の制作において、企画や制作からキャスティングまで、Libalent、 USG それぞれの強みを活かしながら 企業様のesportsビジネスを、よりご要望に沿ったかたちでサポート致します。

本エージェンシーパートナー契約に関し USG のチーム代表である、高橋 大輔氏は次のように述べています。
「この度の発表ができましたこと、心より嬉しく思います。
Libalent社との提携を通し、USGやesportsシーンを応援してくださる皆様へ恩返しをできるような取り組みを目指し、業界の発展に微力ながら貢献できるよう尽力してまいりますので、今後とも皆様からの益々のご応援やご協力を賜れると大変幸甚に存じます。」
Libalent、 USG ともに、国内のesports市場の発展に貢献できるよう、協力体制を整えながら、尽力してまいります。

【会社概要】
[画像1: リンク ]


商号:株式会社Libalent(リバレント)
本店所在地:東京都新宿区新宿5-18-14 新宿北西ビル8階
設立:2015年6月
役員構成:代表取締役 相澤 崇裕
リンク


[画像2: リンク ]


Unsold Stuff Gaming
リンク
代表:高橋 大輔

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。