logo

ご愛用のオーディオシステムでハイレゾ音源や音楽ストリーミング再生が楽しめるフルコンポサイズのネットワークプレーヤーを新発売 ヤマハ ネットワークプレーヤー『NP-S303』

ヤマハ株式会社は、ハイレゾ音源や音楽配信サービスのストリーミング再生を高音質で楽しめるネットワークオーディオ機能、Bluetooth(R)オーディオ送受信機能などを装備し、さらにお手持ちのモバイル端末と専用アプリを使ったワイヤレス操作も実現する、フルコンポサイズのWi-Fi内蔵ネットワークプレーヤー『NP-S303』を8月下旬より全国で発売いたします。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


<価格と発売時期>
品名:ネットワークプレーヤー
モデル名:NP-S303
色:(S)シルバー、(B)ブラック
本体価格:49,000円(税抜)
当初月産予定台数:1,500台
発売時期:8月下旬


<製品の概要>
今回発売するNP-S303は、音楽ダウンロードサイトなどから入手したハイレゾ音源(DSD 5.6MHz ダイレクト再生、AIFF/WAV/FLAC 192kHz/24bit、Apple Lossless 96kHz/24bit対応)やネットワーク上にストックしたローカル音楽コンテンツの再生に加えて、音楽配信サービス「Spotify」のストリーミング再生やサイマルラジオ配信サービス「radiko.jp」なども高音質で楽しめるWi-Fi内蔵ネットワークプレーヤーです。ご愛用のオーディオシステムとの組み合わせに最適なフルコンポサイズ(横幅435mm)の筐体には、これらのネットワークオーディオ機能に加えて、Bluetooth(R)オーディオ送受信機能も装備しました。また、お手持ちのモバイル端末と専用アプリを使って本機のワイヤレス操作や家庭内での音楽コンテンツのシェアを実現する「MusicCast(R)」、AppleデバイスのためのAirPlayにも対応するなど、ネットワーク機能を活かした快適な使い勝手も追求しています。
[画像3: リンク ]



<NP-S303 主な特長>
1.ハイレゾ音源やストリーミング再生、快適なアプリ操作を実現するネットワーク機能

[画像4: リンク ]

●ご愛用のオーディオシステムとの組み合わせに最適な単体プレーヤー
NP-S303はRCAアナログ音声出力を装備した単体ネットワークプレーヤーです。お手持ちのプリメインアンプやAVレシーバーと接続して、ハイレゾ音源の再生や音楽配信サービスのストリーミング再生、専用アプリによるワイヤレス操作など、最新のネットワーク機能をお手持ちのオーディオシステムに追加することができます。また本機には光/同軸デジタル音声出力も装備しており、お好みのD/Aコンバーターなどとの組み合わせによるデジタルトランスポートとしての使用にも対応しています。

●ハイレゾ音源を本来のクオリティで高品位再生
ネットワークオーディオ再生はDSD 5.6MHzダイレクト再生、AIFF/WAV/FLAC 192kHz/24bit、Apple Lossless 96kHz/24bitに対応し、国内外の音楽ダウンロードサイトなどからNAS(ネットワークHDD)やパソコン、モバイル端末、USBメモリーにストックしたハイレゾ音源を本来のクオリティで再生できます。もちろん、リッピングした音楽CDも同様に、音の品位を損なうことなくネットワーク経由で再生可能です。
[画像5: リンク ]


●Spotifyやradiko.jpを快適に楽しめるストリーミング再生&インターネットラジオ機能

[画像6: リンク ]

ストリーミング再生は、話題の音楽配信サービス「Spotify」をより快適に楽しめる「Spotify Connect(スポティファイコネクト)*1」、ラジオ放送をインターネット経由で聴けるIPサイマルラジオ配信サービス「radiko.jp」のエリアフリー聴取などが楽しめる「radiko.jpプレミアム*2」に対応しました。またインターネットラジオは、厳選された世界中のインターネットラジオ局からお好みの局が選べるairable.radioに対応しており、お気に入りのチャンネルを素早く呼び出せるブックマーク&オートプレイなど優れた操作性も実現しています。
*1:Spotify Connectの使用には、Spotifyアプリ(無料)および当社が提供するMusicCast CONTROLLERアプリ(無料)のインストールとSpotify Premiumアカウント(有料)への登録が必要です。
*2:radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)の使用には、当社が提供するMusicCast CONTROLLERアプリ(無料)のインストールとradiko.jpプレミアム会員(有料)への登録が必要です。

●モバイル端末と専用アプリを使って快適なワイヤレス操作を実現する「MusicCast(R)」に対応

[画像7: リンク ]

専用アプリ「MusicCast CONTROLLER」とお手持ちのモバイル端末を使って快適なワイヤレス操作を実現する「MusicCast(R)」に対応しました。画面上のアイコンにタッチして聴きたいソースの選択や音質調整が行えるほか、アルバムアートを見ながらの曲選択やプレイリスト作成など、ネットワークオーディオも直感的に使いこなすことができます。さらに、家庭内に設置した複数のMusicCast(R)対応音響機器*の操作や音楽コンテンツの共有(配信/受信)もこのアプリを利用して簡単に行えます。
*:対応機器については当社製品サイトでご確認ください。
リンク

●家庭内ネットワークへ無線接続できるWi-Fi、ワイヤレス再生/操作が手軽に行えるワイヤレスダイレクトを搭載
家庭内ネットワークへ無線接続できるWi-Fiの内蔵により、ハイレゾ音源を含むネットワーク上の音楽コンテンツの再生、「MusicCast CONTROLLER」アプリでのワイヤレス操作を有線ネットワーク接続なしで実現しました。さらに、ネットワーク環境のない部屋でもモバイル端末内の音楽コンテンツの再生や「MusicCast CONTROLLER」での操作などが手軽に行えるワイヤレスダイレクト*1、AppleデバイスのためのAirPlay、Bluetooth(R)対応端末の音声を本機で再生したりBluetooth(R)対応ヘッドホン/スピーカーなどに本機の音声を飛ばせるBluetooth(R)オーディオ送受信機能*2も装備しています。
*1:ワイヤレスダイレクトとWi-Fiまたは有線LAN接続との同時使用はできません。
*2:AirPlayおよびDSD音声の送信、ならびに本機でBluetooth(R)受信した音声の再送信はできません。

●10個のプリセットボタンを装備したワイヤレスリモコン
付属のワイヤレスリモコンには、あらかじめ指定した入力ソースや音楽コンテンツ、Spotifyのプレイリスト、インターネットラジオ局などをワンタッチで呼び出せる10個のプリセットボタンを装備しました。普段よく聴く曲や放送局へ、アプリを立ち上げることなくリモコン操作だけで簡単にアクセスでき、従来のHiFiコンポーネントと同様の操作感覚を実現します。


2.単体プレーヤーとしての高音質設計と洗練された外観デザイン

[画像8: リンク ]

●信号の流れを最短化する基板レイアウトや音響専用パーツなどによる高音質設計


アナログ部とデジタル部の相互干渉に配慮するとともに信号の流れを最短化した基板レイアウト、当社オーディオ製品の高級機にも採用される音響専用コンデンサーやオーディオグレード抵抗、ローインピーダンス化を徹底した電源部、DSD対応のTI社製192kHz/24bit D/Aコンバーター、金メッキRCAアナログ音声出力端子、インレット式電源ケーブルなど、単体ネットワークオーディオプレーヤーとしての高音質設計を実践しました。

●ジッターノイズを低減するヤマハオリジナル・ネットワークモジュール

[画像9: リンク ]

ネットワークオーディオの音質を左右するキーデバイスには、高精度ロージッタークロックを内蔵したヤマハオリジナル・ネットワークモジュールを搭載しました。DSDを含むハイレゾ音源の高品位再生を目指して開発されたこのデバイスは、ネットワーク/USB/Bluetooth(R)再生におけるジッターノイズの発生を大幅に低減し、さらなるS/N向上を達成。ハイレゾ音源特有のデリケートな音の違いも忠実に描き分けます。

●アルミフロントパネル採用の洗練された外観デザイン

[画像10: リンク ]

ご愛用のオーディオシステムにマッチする、フルコンポサイズ(横幅435mm)のシンプルで洗練された外観デザインを採用しました。フロントパネルはヤマハHiFiコンポーネント共通のヘアライン仕上げによるアルミ製とし、スピン仕上げのロータリーダイヤルや繊細な印象のドットマトリクス式ディスプレイとも相まって上質な操作感を提供します。本機の外装色は(S)シルバーまたは(B)ブラックの2種類から選択できます。


【その他の特長・機能】 ●ネットワークオーディオ再生時に気になる曲間の途切れを解消するギャップレス再生(DSDを除く)●ネットワークスタンバイ時1.5~1.7W(ネットワークモードにより異なる)、エコスタンバイ時0.1Wの省電力設計


ヤマハ ネットワークプレーヤー『NP-S303』製品情報サイト
リンク
ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
リンク


※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。