logo

ヒポクラの新サービス「和風PubMed α」をリリース

株式会社エクスメディオ 2017年07月27日 14時00分
From PR TIMES

ヒポクラWeb版でPubMedの論文を日本語で検索して日本語でタイトル・アブストを表示する新サービスの提供を開始。効率的な論文検索手段で医師の医療活動をサポートします。

株式会社エクスメディオ(高知県高知市:代表 物部真一郎、以下エクスメディオ)が提供する臨床課題解決のための医療者向けサービス「ヒポクラ(旧ヒフミル) ※」に、7月24日よりPubMedの論文を日本語キーワードで検索して日本語でアブストを表示する新サービス「和風PubMed α」が追加されました。この機能により医師が必要な論文を探し出すために費やす時間を大幅に短縮し、効率的な医療活動を支えていきます。また、検索された情報はエクスメディオが現在進めているAI開発にも活用されます。



「テクノロジーの力により健康寿命を向上させること」をミッションに掲げ、ITを活用した臨床課題解決に貢献するエクスメディオが、医師が臨床に必要な論文を探し出す際にかかる時間を効率化することができる新サービス「和風PubMed α」をヒポクラ内にリリースいたしました。

医療者は複雑な臨床疑問に直面した時、より新しく、より網羅的な情報を得るために文献検索を行います。検索方法としては、医学・生物学分野の無料学術検索エンジン「PubMed」が広く用いられていますが、求める論文を探し当てるまでには多数の英語論文を読まなくてはならず、ここに多くの時間が費やされてしまいます。

エクスメディオでは、論文を原文で読むことは大切だが、必要な論文を探し出す際には慣れた日本語で探す方が圧倒的に効率化できると考え、日本語で検索して日本語でタイトルとアブストを表示する新サービス「和風PubMed α」をリリースすることになりました。

このサービスでは日本語、英語どちらのキーワードでも検索ができ、検索結果のタイトルとアブストは日本語で表示されます。日本語で表示された検索結果から求める論文を見つけ、必要な論文のみ英語のフルテキストを読むことで、検索結果のアブストから英語で読む場合に比べ、検索にかかる時間を大幅に短縮し、医師の効率的な医療活動を支えることに繋がると考えています。

また、エクスメディオでは臨床課題を解決する人工知能(AI)(以下、「AI」)の研究開発にも注力しており、この「和風PubMed α」で検索された情報は、現在開発中の新規医療AIに活用されます。

本サービスは7月24日よりヒポクラWeb版でリリースされており、医師であれば誰でもトライアル利用が可能です。また、ヒポクラに登録しているユーザ医師は無料で何度でも利用することができます。

※2016年12月、医療全般の治療精度向上を目指すサービスとして「ヒフミル」より「ヒポクラ」へ名称変更
[画像: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事