logo

DAA初受賞!消えゆく動物たちのウェブサイト

ブラザー環境サイトがDesign Of The Monthに

ブラザー工業株式会社(社長:小池 利和)の環境サイトBrother Earth内のスペシャルコンテンツ「絶滅動物園×Brother Earth~私たちの知らない物語~」が、DAAのDesign Of The Month(6月度)を受賞した。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

DAA(Design Awards. Asia)は、アジア地域のインターネット上の優れたコンテンツを表彰している団体で、受賞は口コミや投票ではなく、審査員の選考により決定される。今回、ブラザーのウェブサイトで初めて、DAAのDesign Of The Day(今日のデザイン賞)、Design Of The Month(今月のデザイン賞)、JUDGE'S CHOICE(審査委員賞)の3つを受賞した。
リンク

■絶滅動物園とは

絶滅動物園は、大航海時代以降人間が絶滅させた動物と、現在絶滅の危機にある動物たちを、架空の絶滅動物園として紹介するプロジェクトで、2015年から『東山絶滅動物園』として絶滅危惧種の生き物をテーマに写真集を刊行したり、動物園での講座を開催したりしている。

■ブラザーと絶滅動物園

ブラザーは環境スローガン「Brother Earth」の下、海洋生物の保護や熱帯雨林の保全など、世界各国での環境保全活動に取り組んでいる。その中で、今回受賞したウェブサイトは、環境について考えるきっかけ作りとして絶滅動物園とコラボレーションし開設されたもので、動物たちが直面している過酷な状況が紹介されている。

ウェブサイトでは、ゾウ、トラ、ヒョウ、カバなど動物園の人気者たちを取り巻く状況が、STORY1からSTORY5まで紹介されている。例えば、STORY1では工業化や戦争など人間の都合で棲家を追われた動物たちの物語を、STORY2では人間の趣味嗜好のために命を奪われる動物たちの物語をみることができる。

「絶滅動物園×Brother Earth~私たちの知らない物語~」

リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事