logo

finbee(フィンビー)、ZaimとAPI連携を開始

株式会社ネストエッグ 2017年07月26日 10時07分
From PR TIMES

レシート撮影や手入力でもおつり貯金が可能に

自動貯金サービス「finbee(フィンビー)」を運営する株式会社ネストエッグ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田村 栄仁、以下「ネストエッグ」)は、日本最大級のオンライン家計簿「Zaim」を運営する株式会社 Zaim(本社:東京都 渋谷区・代表取締役:閑歳 孝子、以下「Zaim」)とAPI連携を開始しました。



[画像1: リンク ]


Zaimは、レシートをスマートフォンのカメラで撮影するだけで金額と品目を自動入力する機能や、銀行・カードの情報を自動取得するなど簡単に家計簿を管理することができ、650 万人以上が利用しています。今回のAPI連携では、finbeeで貯金のルールを設定する際に、Zaimユーザーは「Zaim貯金」で貯金ができるようになります。Zaim貯金は次の2種類です。Zaimに入力した支出に対して、finbeeで設定した金額[100円、500円、1,000円のいずれかから選択]で支払った場合のおつりが貯金される「Zaimおつり貯金」、Zaimに設定した予算とひと月分の支出金額の差分が貯金される「Zaim空き枠貯金」が新しく貯金のルールに加わります。これにより、おつり貯金・空き枠貯金が、デビットカードでの支払いに加え、レシート撮影や手入力でも可能となります。

今回、節約や貯金に関心が高いZaimユーザーのfinbee利用を促すとともに、finbeeを通じたZaim利用の拡大を図るなど、双方のユーザーに、より貯金を楽しんでいただく新しい体験を提供いたします。

今後も、ネストエッグは貯金のプラットフォームサービスとしてより便利なサービスを目指します。

【Zaim貯金の詳細】
・対象:Zaim ID保有者 (未保有者は新規ID作成が必要)
・種類:
1)「Zaimおつり貯金」Zaimに入力した支出に対して、finbeeで設定した金額[100円、500円、1,000円のいずれかから選択]で支払った場合のおつりが貯金される
※手動で入力した支出金額が対象となります

2)「Zaim空き枠貯金」Zaimに設定した予算とひと月分の支出金額の差分が貯金される

【イメージ図】
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]


【finbeeのサービス概要】
finbeeは貯金の目的や目標金額、貯金のルールが簡単に設定でき、お客様のライフスタイルに合わせた貯金をサポートするサービスです。2016年12月にサービスを開始し、接続銀行である住信SBIネット銀行をご利用のお客様を中心に幅広い方々にご利用いただいています。今後は、接続銀行の拡大およびお客様にとってより便利にご利用いただけるような機能を追加していく予定です。

【ネストエッグ会社概要】
会社名:株式会社ネストエッグ(英文社名 NestEgg, Inc.)
設立日:2016年4月1日
資本金:2億5千万円(資本準備金含む)
所在地:東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル11F
主要株主:株式会社インフキュリオン・グループ、SBIインベストメント株式会社(※)、三菱UFJキャピタル株式会社(※)、SMBCベンチャーキャピタル株式会社(※)
(※):運営するファンド
代表取締役社長:田村 栄仁
事業内容:貯金・決済サービスの企画・開発・運営

【Zaimのサービス概要】
650 万人以上が節約・貯金に役立ている日本最大級の無料オンライン家計簿です。テレビや新聞、雑誌で数多く紹介されています。iPhone, iPad ,Android といったスマートフォンからはレシートの自動読み取り機能が使えます。よく行くお店の特売情報も自動的に配信!銀行やクレジットカードの Web 明細に接続して自動的に入出金を記録する資産管理としても使え、対応の金融機関は約 1,500です。

【Zaim会社概要】
会社名:株式会社Zaim(Zaim Inc.)
設立日:2012年9月
所在地:東京都渋谷区渋谷 3 丁目 3 番 2 号 渋谷 MK ビル 4 階
代表取締役:閑歳 孝子
事業内容:家計簿サービス Zaim の企画・開発・運営、インターネットを利用した各種情報提供サービス

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。