logo

auスマートパス「アプリ取り放題」「厳選コンテンツ」に『レプリカ ( Replica ) for auスマートパス』を提供開始!

株式会社メディア工房 2017年07月25日 15時30分
From PR TIMES



株式会社メディア工房(本社:東京都港区、代表取締役社長:長沢一男、東証マザーズ上場:証券コード3815)は、平成29年7月20日(木)より、KDDI株式会社および沖縄セルラー電話株式会社(以下「KDDI等」といいます)が提供する「auスマートパス」に、人気ゲームアプリ『レプリカ ( Replica ) for auスマートパス』をリリースいたしました。

[画像: リンク ]


「auスマートパス」は、アプリやWEBコンテンツの取り放題に加え、おトクな会員特典や、50GBの写真や動画のストレージ、さらに充実したセキュリティーとサポートを全て含めて月額372円(税抜)でご利用いただけるサービスです。会員数は1,522万人を超え(2017年3月末時点)、今後も更なる成長や将来性が大きく期待されています。

スマートフォンゲームアプリ『レプリカ ( Replica ) for auスマートパス』は、SOMI(本社:韓国釜山広域市 英語名:.SOMI Inc.)が提供する、他人の携帯をハッキングする異色のアドベンチャーゲーム。スマートフォンをハッキングし、通話履歴やソーシャルメディアの送受信記録などから、テロ容疑の証拠を見つけ出し、依頼主の要望に答えます。
Google PlayとApp Storeにて通常200円(税込)で販売されている当アプリを、auスマートパス会員には無料で開放!これを機会に是非お試しください。

◆サービス概要
サービス名 レプリカ ( Replica ) for auスマートパス
配信開始日 2017年7月20日
サービス提供先 auスマートパス(KDDI株式会社)
販売ページ リンク
(※スマートフォンからのみアクセス可能)
対応機種 auスマートパス対応機種
料金 auスマートパス会員は無料
権利表記 (C) SOMI Inc. / (C) Media Kobo,lnc.

■『レプリカ ( Replica )』とは
テロ事件の発生によって警戒が強化され、政府が個人の移動記録や携帯電話使用などを監視するようになってしまったとある国。プレイヤーはテロ容疑をかけられた人物の携帯電話(スマートフォン)を調べるよう政府に強要されており、その中にあるアプリやソーシャルメディアの記録からテロの証拠を見つけ出さなければなりません。
リリースから2ヶ月で数々のゲームアワードを受賞した、謎解きアドベンチャーゲームです。
SOMI 公式サイト: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事