logo

家族向け写真・動画共有アプリ「家族アルバム みてね」英語対応を開始

株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長:森田 仁基)のVantageスタジオ(ヴァンテージスタジオ)は、家族向け写真・動画共有アプリ「家族アルバム みてね」(以下「みてね」)の英語対応を、本年7月25日(火)に開始します。英語での正式アプリ名称は「Family Album Mitene」です。



[画像1: リンク ]

「みてね」は、ママ・パパが撮った子どもの大切な写真や動画を、祖父母や親戚など招待した家族だけにリアルタイムに共有することができる、写真・動画共有アプリです。写真や動画は無料無制限でアップロードが可能で、子どもとの日常やイベントなどの写真を気軽に共有し、家族みんなで楽しくコミュニケーションができます。現在、利用者は150万人*1を突破し、写真・動画の月間アップロード枚数は3500万枚以上(2017年6月時点)と、多くのご家族に日々ご活用いただいています。

*1 iOS・Androidアプリ登録者数、ブラウザ版登録者数の合計

「みてね」は世界150か国以上で日本語にて配信をしていましたが、英語に対応することで、子どもの写真や動画をスマートフォンで数多く撮影したり、夫婦や祖父母などの家族と共有してコミュニケーションを楽しむという万国共通のニーズに応え、日本以外の地域においても多くのご家族のコミュニケーションを促進できると考えています。さらに、国際結婚など、家族の中に日本語を使わない方がいらっしゃる場合も快適にご利用いただけます。

「みてね」では、子どもの写真や動画の共有を通して家族みんなが楽しくコミュニケーションできる場を提供することで、『子育てをもっと楽しく』 『“孤育て”をなくす』を実現するため、今後も様々な取り組みを行ってまいります。

■「家族アルバム みてね」英語対応の方法
スマートフォンの言語設定を英語にすることで、「みてね」の言語も自動的に英語に切り替わるため、英語表記への変更に特別な操作や設定は不要です。なお、「みてね」で展開中のフォトブック作成機能は、現時点では日本国内への配送及び日本円での決済のみの対応となりますが、今後は北米を中心に海外での導入も検討しています。


■「家族アルバム みてね」の特徴
◇無料・無制限で写真、動画をアップロード可能
子どもの写真や動画を無料・容量無制限で高速アップロードができます。子どもの成長は早く、日々撮影する写真や動画は多くなりますが、容量を気にすることなく子どもの成長をリアルタイムで家族みんなに伝えられます。

◇家族だけで楽しくコミュニケーション
子どもの写真を見られるのは招待された家族のみ。アップロードされた写真や動画1つ1つにコメントができたり、家族がアクションをすると通知が届き近況が分かるなど、リアルタイムに楽しくコミュニケーションができます。スマホをお持ちでない方はパソコンから閲覧、コメントができます。プライベートな写真などは夫婦だけに公開を限定することもできます。

◇子どもの成長が見やすいアルバム
撮影した写真や動画が月ごとに自動で整理され、さらに子どもの月齢も月ごとに表示されます。左右にページをめくると子どもの成長が一目で分かるため、眺めているだけで楽しく振り返ることができます。

◇「1秒動画」が無料で自動作成
動画を20本以上アップロードすると、動画を1秒ずつ切り取ってつなぎ合わせたムービーが自動作成されます。子どもの成長の様子がギュッと詰まった動画に思わず感動すること必至です。

◇毎月1回、フォトブックを自動で提案
みてねにアップロード済みの写真を自動で選定・レイアウトされたフォトブック案が、毎月1回アプリ上に届きます。一から写真をアップロードしたりレイアウトを編集する手間が無く、忙しいママ・パパも簡単に注文*2ができます。もちろんご自身で編集したり、自由に新規作成することもできます。
*2 日本国内への配送及び日本円での決済のみの対応(2017年7月現在)


■英語表記のアプリ画面イメージ
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]



■「家族アルバム みてね」アプリ概要
[画像5: リンク ]

アプリ名:家族アルバム みてね (英語名称:「Family Album Mitene」)
価格:無料
対応機種(OS):【iOS】iOS 8.0 以降 【Android】Android 4.0以降
ダウンロード方法:
・各ストアで「みてね」で検索
・アプリダウンロードURL:
【iOS】リンク
【Android】リンク


■ミクシィグループ < mixi.co.jp >
ミクシィグループは『新しい文化を創る』をミッションに掲げ、コミュニケーションを軸にした新しい価値の提供により、新たな市場の創造に挑戦する企業グループです。
1997年にWeb業界に特化した求人情報サイト「Find Job!」で創業し、その後、日本発のSNS「mixi」や世界累計利用者数4,000万人を超えるスマホゲーム「モンスターストライク」を世に送り出してきました。現在は、サロンスタッフ直接予約アプリの「minimo」、子どもの写真・動画共有アプリ「家族アルバム みてね」など、新たなサービスの開発、運営も行っています。さらに、社内新規事業として誕生した家族向けフォトブック作成サービス「ノハナ」の株式会社ノハナ、女性主導のコミュニケーションアプリ「Poiboy」の株式会社Diverse、チケットフリマアプリ「チケットキャンプ」の株式会社フンザがミクシィグループに加わり、より広範囲にユーザーの皆さまの生活をより豊かにするサービスを提供しています。


■Vantageスタジオ
Vantage(ヴァンテージ)スタジオでは、“世界中の人たちが夢中になって使う、驚きと喜びのある、新しいコミュニケーションサービスを創る”をミッションに「mixi」、「minimo」、「kimidori」、「家族アルバム みてね」などを展開するほか、ユーザーの皆さまに驚きと喜びを提供する新しいコミュニケーションサービスを生み出し続けます。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事