logo

空きスペースに新たな価値を提案するパーキングサービスを開始都心部の駐車場不足解消を目指したドコモの新システムを導入

株式会社第一興商(東京都品川区 代表取締役社長 保志 忠郊)は、株式会社NTTドコモ(東京都千代田区 代表取締役社長 吉澤 和弘)が7月21日より提供開始した駐車場事業者向けソリューション「docomoスマートパーキングシステム」を導入し、空きスペースの有効活用によるパーキングサービスを提案します。



当社では、2016年4月より「ザ・パーク」の名称でパーキング事業を展開し、お客様へ空いた土地の有効活用をご提案しています。
手軽に駐車場を開設し集客したい駐車場事業者とスムーズに空き駐車場を確保したいドライバーをつなぐ「docomoスマートパーキングシステム」を導入することで、これまで運用が難しかった小規模な土地、変形地、会社やマンションなどの空きスペースに、精算機やフラップなど従来のコインパーキング機器の設置なしで手軽にパーキングとして運用することが可能になります。
ドライバーは、駐車場利用時に使用する専用アプリ「Smart Parking Peasy」(スマートパーキングピージー)によって、目的地付近の駐車場の空き情報をスマートフォンから検索・予約することができます。料金精算は、スマートフォンを通じてのオンライン決済となるため、現金を用意する手間が省け、スムーズに駐車場を利用することができます。

当社は、創業以来カラオケ業界のリーディングカンパニーとして圧倒的なマーケットシェアを獲得してきました。これまでに全国のお客様と築き上げた信頼関係を武器に、「docomoスマートパーキングシステム」による新たな土地活用法をご提案することで、パーキング事業のさらなる拡大に努めてまいります。
[画像: リンク ]

*「docomoスマートパーキングシステム」、「Smart Parking Peasy」は株式会社NTTドコモの商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。