logo

副業ワーカーの活用で、エンジニア不足を解消!“テレワーク”で副業したい人とベンチャー企業をマッチングする「シューマツワーカー」7月24日のテレワーク・デイを控え正式リリース!

株式会社社食コレクション 2017年07月21日 12時20分
From PR TIMES

 株式会社社食コレクション(代表取締役社長:松村幸弥)は、普段は会社に勤めている人に、平日夜や土日などの空いた時間に、得意な分野で副業できるベンチャー企業を紹介する「シューマツワーカー」(リンク)を正式リリースしました。人件費などの予算が限られているベンチャー企業は、即戦力となる副業ワーカーを活用することで、人材不足の課題を解決することができます。



[画像1: リンク ]



[画像2: リンク ]


 シューマツワーカーの副業は、「スポットコンサル型」でなく、“1週間に約10時間程”の稼働時間で、ベンチャー企業の実務をこなす、「ハーフコミット型」になります。登録する副業ワーカーの多くは、もともと平日夜や土日に、スキル向上のためプログラミングを行ったり、セミナーに参加するエンジニアとなります。彼らは、ベンチャー企業で副業することで、報酬をもらいながらスキルアップすることができます。

 シューマツワーカーは、2017年2月よりβ版をリリースし、若者向けFintechサービスや最新医療アプリ、AIを用いた旅行サービスなど、ユーザー(社会)課題解決型のベンチャー企業を中心に、これまでに20件以上のマッチングをいたしました。また、エンジニア以外に、WEBデザイナー、マーケター、ビジネスディベロップメントのマッチング実績がございます。

■「シューマツワーカー」立ち上げの背景

[画像3: リンク ]

 近年、エンジニアの需要はどんどん高まり、優秀なエンジニアを採用・雇用するには、多くの予算が必要となっています。ゆえに、資金のある大手企業、知名度の高い企業に優秀なエンジニアが集中し、ベンチャー企業はどこもエンジニア不足の課題を持っています。
 一方で、副業が解禁される企業が世の中にどんどん増えてきています。そこでベンチャー企業に対して、副業ワーカーを活用する機会を提供すべくシューマツワーカーをリリースしました。また、「エンジニアは不足しているが、週5日ほどの作業量はなく、エンジニアを雇うに雇えない」という状況の企業も多々あります。彼らに対しても、“一週間に約10時間程”の副業ワーカーは、課題解決の有効な打ち手となります。


 また、シューマツワーカーは、“テレワーク”を推奨しております。副業やテレワークを通じ、「働き方改革」の促進を担っていくという思いから、2017年7月24日の「テレワーク・デイ」に参加いたします。

[画像4: リンク ]


■シューマツワーカーの特徴

1. スキルと経験を持つ優秀なエンジニアが多数登録!
誰もが知るITメガベンチャー企業や、技術力・専門性が高い企業に勤める優秀なエンジニアが、多く登録しています。また、“副業をしたい”層のエンジニアは、注目されているプログラミング言語・フレームワーク(Ruby on Rails、React.js、Python、Swiftなど)をキャッチアップしている方が多く、様々な技術案件に対応可能です。

2.低予算での稼働!
多くのベンチャー企業にとって、“1週間に5日” 働くエンジニアの報酬は、なかなかに大きい支出となります。シューマツワーカーは、“1週間に約10時間程” 働く優秀なエンジニアの稼働を提供することで、ベンチャー企業の人材不足の課題に、多様な打ち手を提供します。

3.充実した副業サポート!
「副業ワーカーを雇う」ということを、“したことがない”という企業は多いと思います。また、副業をしたことがないという方も多いと思います。シューマツワーカーは、過去のマッチング実績から学んだ副業雇用ノウハウを元に、副業ワーカーが継続的に高いパフォーマンスを出せるよう、マッチング後も企業と副業ワーカーに対して、充実したサポートを行います。

■お客様の声

株式会社リーヴォン 取締役 結城浩太様

[画像5: リンク ]


スタートアップでは、中々優秀なエンジニアを採用するのは難しいというのが現実です。私たちもエンジニア不足で苦労していました。そんな時にシューマツワーカーと出会いました。一番の魅力は、ハイスペックなエンジニア(人材)と出会うことができる点です。社内リソースだけでは足りない部分の開発もお手伝いいただき、また良きアドバイザーとしても活躍してくれていて、今やいなくてはならない存在となっています。


株式会社VAZ CTO 尾崎颯太様


[画像6: リンク ]

週1回1時間の打ち合わせ+リモート16h/週で利用しています。本業でCTOクラスの方が登録しているので、細かな指示まで出さなくても短期間でソースコードレベルでも高クオリティのアウトプットを期待できます。また、後手後手になりがちな社内ツールの整備類も荒い粒度でお願いできるため、自社リソースで対応しきれていない部分の整備で生産性の高いマッチングができました。


■副業ワーカーの声

H様 25歳 ITメガベンチャー勤務 アプリエンジニア(ReactNative,Java)

[画像7: リンク ]



本業でのアプリ開発の経験を活かしながら、新しい技術をキャッチアップしていくためにシューマツワーカーで土日や空いた時間に副業をしようと考えました。現在、某FinTec系スタートアップ企業で副業をしており、スタートアップ特有のスピード感のある環境の中で、かなり成長できてると実感しております。本業で新技術に取り組む際に、副業での経験を活かせる点も魅力です。


飯田意己様 27歳 ITメガベンチャー勤務 Webエンジニア(Ruby)

[画像8: リンク ]



1番良かったと思っていることは初期のスタートアップのプロダクト機能拡張や数字目標に向かう施策の検討に積極的に関わっていけることです。同じ言語でも、本業とは違うプロダクトに関わることで、本業と副業で相乗効果が生まれていると感じております。実践している人が少ない働き方だと思うので、今後さらにこのような自由な働き方が広まっていけばいいなと感じております。


■サービス概要
[画像9: リンク ]

副業したい人とスタートアップ企業のマッチングサービス
「シューマツワーカー」
リンク

■会社概要
社名:株式会社 社食コレクション
所在地: 東京都世田谷区太子堂2丁目20番32号
代表者: 松村幸弥
設立:2016年9月12日

■本件に関するお問い合わせ先
電話番号:090-8092-6057(松村)
メールアドレス:info@shashoku-collection.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。