logo

スカイスキャナー、 国内航空券に特化したページを開設

スカイスキャナー 2017年07月20日 11時57分
From PR TIMES

日本法人設立2周年を迎え、国内旅行需要にこたえる機能や旅コンテンツを拡充

国内外の航空券、ホテル、レンタカー情報の一括横断検索サービスを提供するスカイスキャナーの日本法人、スカイスキャナージャパン株式会社(所在地:東京都千代田区、CEO:絹田義也、以下、スカイスキャナー)は、本日、国内航空券に特化したページ(リンク)を開設いたしました。



当ページでは国内航空券の検索だけではなく、 人気観光地でのアクティビティやイベント、グルメ、ホテルなど旅コンテンツもお楽しみいただけます。また開設を記念し、「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」でお馴染みの、絶景プロデューサー詩歩さんが選ぶ「日本の絶景島ベスト3!」をご紹介しています。

スカイスキャナーでは、夏休み目前のこの時期、高まる国内旅行需要(注1)に応えるため、本ページを開設しました。2015年7月の設立後2周年を迎えた当社は、ユーザーの大幅な増加(注2)に伴い、これまで以上に日本のユーザーニーズにあったサービスの開発、展開を行ってまいります。

注1:2017年上半期国内航空券の検索数は前年同期比およそ25%増。
注2:2016年の日本のユーザー増加率は前年比およそ60%増。


[画像1: リンク ]


【国内航空券検索ページの主な特徴】

1. その月のお得な目的地がひと目でわかる!
空港と出発月を設定すれば 目的地別の最安値チャートがグラフで表示。概算価格を見て旅の計画を立てよう。

2.「人気の目的地と最安値」を一覧表示!
今人気の旅先はどこ?最寄りの出発地発、人気目的地と価格も見やすくわかりやすく表示。

3. 国内コンテンツも充実!
読んでから行く?行ってから読む?人気観光地の注目スポットやお得情報が満載。スカイスキャナーの旅コンテンツ(リンク) をチェック。順次拡充予定です。


また開設を記念し、このたび、世界中の絶景を紹介するFacebookページ「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」を運営し、70万人以上のファンを獲得した、絶景プロデューサーの詩歩さんが選ぶ「日本の絶景島ベスト3!」をコンテンツ内でご紹介しています。各島の詳細や詩歩さんの絶景写真、おすすめポイントはスカイスキャナーのコンテンツページ「旅行情報とニュース」をご覧ください(リンク)。また各写真をご希望の方はスカイスキャナーまでお問い合わせください。
 
詩歩さんが選ぶ「日本の絶景島ベスト3!」

[画像2: リンク ]


久米島
那覇から30分弱で到着する久米島は、琉球王朝時代に最も美しい島、「球美(くみ)の島」として長い間讃えられて来ました。エメラルドブルーの海に浮かぶ、全長約7キロの白い砂浜「ハテの浜」は必見です!

沖永良部島
与論島から数十キロ北上した島、沖永良部島へ詩歩さんが訪れた理由はケイビング(=洞窟探検)!この島は琉球石灰岩に覆われた隆起珊瑚礁でできており、雨水などが岩を侵食しやすいため、島には200-300もの洞窟があると言われています。

与論島
かつて「日本最南端の地」として栄え、鹿児島といっても那覇から飛行機で30分弱で着いてしまう与論島 。沖縄のような開発された派手さはないけれど、島ならではののんびりした雰囲気が残った、くつろげる場所です。


スカイスキャナージャパン株式会社について
スカイスキャナージャパンは、スコットランドに本社を置くスカイスキャナーリミテッドとヤフー株式会社により、2015年7月に設立された合弁会社です。独自に開発した「メタサーチ」の技術により、世界中の航空会社や旅行代理店の航空券、ホテル、レンタカー情報を一括で比較検索するサービスを日本で開発、展開しています。▼スカイスキャナーのウェブサイトはこちらリンク

スカイスキャナーリミテッド について
2003年にスコットランド・エジンバラで設立したスカイスキャナーは世界中の航空券、ホテル、レンタカーの各種検索サイトを一括して比較検索できるメタサーチの無料旅行検索サイトです。現在30言語、70通貨に対応しており、全世界の利用者数は月間平均6,000万人、アプリのダウンロード数は6,000万回を超え、世界中で高く評価されています。スカイスキャナーのオフィスは東京、エディンバラ、グラスゴー、シンガポール、北京、深セン、マイアミ、バルセロナ、ソフィア、ブダペスト、ロンドンの10都市にあり、計800名以上の社員が勤務しています。スカイスキャナーは 2016 年中国のオンライン旅行代理店 Ctrip の傘下に入りました。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。