logo

AIが全国の報道機関に「音声」で速報を配信 FASTALERTに新機能「ビーコ」誕生

JX通信社 2017年07月20日 11時00分
From PR TIMES

~在京TV局の大半が採用するAI緊急情報サービス「FASTALERT」から誕生~

報道系ベンチャーの株式会社JX通信社(本社:東京都千代田区、代表取締役 米重 克洋 以下、当社)は、AI(人工知能)を活用し、SNSから事件・事故・災害等の緊急情報を検知する「FASTALERT」(ファストアラート)の新機能として、「音声」により速報を全国の報道機関に伝える「ビーコ」を正式にリリースいたしました。



AI×音声合成技術で速報を「全自動」で読み上げる
マスコミの報道現場でも本格的なAI(人工知能)活用の時代に

[画像: リンク ]



AIによる緊急情報サービスFASTALERTは、SNS上に溢れる無数の投稿の中から事件・事故・災害など緊急性の高い情報を自動で収集し、報道機関に提供しています。AIが少ない手がかりから「いつ・どこで・何が起きたのか」を素早く、高い精度で正確に解析できることが特長です。こうした精度やスピードが評価され、本サービスは既に日本テレビ放送網様やテレビ朝日様をはじめ在京TV局の大半や共同通信社、産経デジタルなど多数の大手報道機関で正式に採用いただき、地方のTV局や新聞社などへの利用も拡大しています。例えばTV局の場合FASTALERTでの第一報覚知を起点に、報道ヘリや中継車の出動、警察・消防当局等への確認取材をスピーディに行い、いち早く速報を伝えることにご活用いただいているほか、最近では一般ユーザーが投稿したゲリラ雷雨や土砂災害など報道価値の高い写真、動画の覚知にもご活用いただいています。

今回、当社ではこのFASTALERTに、音声合成技術を活用した読み上げ機能「ビーコ」を追加し、リリースいたしました。当社で覚知した情報がFASTALERTを通じて全国の報道機関に速報される際、この自動音声「ビーコ」を通じて情報の内容が読み上げられます。

報道現場の課題は、機械化によるコスト削減や質の向上にとどまらず、人海戦術・労働集約的な「働き方の改革」といったものもあります。これらをAI(人工知能)で解決できる時代が現実に始まっています。

【株式会社JX通信社 会社概要】

会社名 :株式会社JX通信社
住 所 :東京都千代田区飯田橋4丁目1番11号 信濃ビル5階
設 立 :2008年1月10日
代表者 :米重 克洋(代表取締役)
資本金 :5億5593万円(準備金含)
事業内容:インターネットによる各種情報提供サービス
1. ニュースエンジンの一般/法人向け提供
2. メディアプラットフォームの開発
主要株主:役員・経営陣
共同通信グループ(一般社団法人 共同通信社/株式会社共同通信デジタル)
株式会社QUICK
株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズ
ほか
URL  :リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。