logo

VR力触覚デバイス開発のイクシー、大成建設とロボット遠隔操作システム開発に着手

exiii株式会社 2017年07月20日 09時00分
From PR TIMES

インターネットを介して遠隔地でも対象物の手応えを感じながらロボットを操作

イクシー株式会社(社長:山浦博志 以下「イクシー」)は大成建設株式会社(社長:村田誉之 以下「大成建設」)と共同で、力触覚伝達技術を利用したロボット遠隔操作システムの開発に着手しました。




[画像: リンク ]

本システムでは、作業者がインターネットを介して遠隔地でも対象物の硬さ、軟らかさを感じながらロボットを操作出来るようにする事、そしてロボットが人間の操作を学習し、自ら作業出来るようにする事を目指します。


これまでにイクシーが開発してきた外⾻格型の力触覚提⽰デバイス『EXOS Glove』と5指ハンド『EXOS Hand Unit』、ロボットアーム『EXOS Arm Unit』の採用し、これらを組み合わせたシステム構築を行います。現時点では以下の動画のようなプロトタイプが動作しており、今後システムのブラッシュアップを進めていきます。
[動画: リンク ]



これらの製品は本リリースで初公開となります。詳細については公式ウェブサイトをご覧下さい。
リンク


なお、本システムに使用する五指ハンド『EXOS Hand Unit』は7/20 9:00より⼀般販売を開始致します。下記のウェブサイトにて注⽂を受付致します。
リンク


イクシーでは引き続き、EXOSを活用したい企業様からのご連絡を受付致します。また、EXOSの開発を加速するため人材の採用を進めております。それぞれに関する情報、お問い合わせ先は以下の通りです。
● EXOSの活用に関するお問い合わせ先: info@exiii.jp
● 採用に関する情報:リンク

なお、リリース内容は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事