logo

"日本初" の「手作り音楽番組」による「文楽を解体!」する "世界初" の挑戦!MUSIC SHARE5周年記念番組のおしらせ【文楽+】

一般社団法人 MUSIC SHARE 2017年07月20日 10時00分
From PR TIMES

8月16日(水) 18:00-20:00 Red Bull Studios Tokyoから生放送!8月15日(火)公式サイトで特別映像公開!

音楽番組 MUSIC SHARE が5周年を迎えます。
5周年記念番組として、8月15日と16日は”日本初”と”世界初”に挑戦します。
"日本初" の「手作り音楽番組」による 「文楽を解体!」する"世界初" の挑戦!
まだまだ知らない日本の伝統から新たな創造へ!の挑戦です。



[画像1: リンク ]

■”日本初”の手作り音楽番組 MUSIC SHAREは、ひとりの音楽好きが、2012年5月に仲間に声をかけてスタートしました。その後、一般社団法人 MUSIC SHAREを設立(所在地:東京都世田谷区 代表理事:池内みち代)。「産業中心ではなく、音楽そのものを中心とした」新しい流れは静かに全国へ広がり、今では全国に10チャンネル(内5つは準備中)に成長しています。
MUSIC SHAREは資本力より志本力で支えられています。度重なる直面する難局とその都度乗り切る有志の志本力で5年を迎えました。先ごろNHK「スタジオパークからこんにちは」でも取り上げられ、現在さまざまな地域のチャンネルとファンを着実に増やしています。

■『生まれ変わった浄瑠璃で人形は舞えるのか?!』
節目としての5周年、MUSIC SHAREが取組んだのが、この特別番組です。
日本が誇る伝統芸能「人形浄瑠璃文楽座(NPO文楽座)」と「MUSIC SHARE」が厳選した7組のミュージシャンが、文楽の再構築に初挑戦します。
8月16日の生放送では、文楽座による実演と、番組出演ミュージシャンにより再構築された楽曲を生演奏で披露します。

■生放送前日8月15日にもご注目ください。特別映像をRed Bull公式サイトで一部公開します。
生放送前日の8月15日(火)には、7組のミュージシャンが文楽座演目「伊達娘恋緋鹿子 火の見櫓の段」の音源から、楽曲を制作する記録映像をRed Bull公式サイト内で一部を公開します。
またこの日のために制作した音源は、生放送後にRed Bull公式サイトにて期間限定で公開予定。
さらに、記録映像と生放送の映像をまとめた完全版も各ミュージシャンごとに編集後、後日公開予定。
(完全版映像の放送日は後日お知らせ致します。)

[画像2: リンク ]

▉特別番組詳細▉

【タイトル】「MUSIC SHARE 5周年記念企画 文楽+(伊達娘恋緋鹿子 火の見櫓の段)」

【放送日時】2017年8月16日(水) 18:00 ー 20:00

【視聴サイト】リンク

【スタジオ】Red Bull Studios Tokyo

【進行】本田みちよ

[画像3: リンク ]

【出演】
・太夫:豊竹芳穂太夫
・三味線:鶴澤清馗
・人形:吉田簑紫郎、吉田玉誉、吉田玉延
・The SAMOS
・Maika Loubté
・XXXSSS TOKYO
・Hatis Noit
・Omodaka
・Mother Tereco
・ermhoi

■協力■
Red Bull Studios Tokyo リンク
代官山 AW HAIR SALON リンク
FRESH! リンク

■出演者情報■

■日本が誇る伝統芸能「人形浄瑠璃 文楽座」と、MUSIC SHAREが厳選した7組の出演者。

◎人形浄瑠璃 文楽座:約400年前に誕生し、ユネスコ無形文化遺産でもある伝統芸能「文楽」。太夫(だゆう)が浄瑠璃を語り、三味線が曲を弾き、人形遣いが人形を動かす。1つ欠けてもできないことから“三業(さんぎょう)一体”の総合芸術。

◎The SAMOS:90年代にミクスチャーサウンドの先駆けとなったスケボーキング(2010年に解散)のShigeoJD率いる3ピースバンド。

◎XXXSSS Tokyo:大胆なパフォーマンスが世界中で大きな話題のウクライナ生まれUK育ちのXLII(シリー)と日本生まれNY育ちのDJ SARASAによる注目のコラボユニット。

◎Maika Loubté:バンコクの大型フェス『Super Summer Sound 2017』で、20年振りの続編公開決定が話題となっている映画『トレインスポッティング』で世界的大ヒットを生み出したUnderworldと共演し、大きな話題を生んだ。

◎Omodaka:再評価の波に乗り日本のみならず世界各地で引っ張りダコ状態のレジェンド 寺田創一による別名義。

◎Hatis Noit:新作アルバムにビョークの共同制作者として知られるマトモスが参加し海外からの注目度も高い。

◎Mother Tereco、ermhoi:新人ながらその実力は他のミュージシャンとも引けを取らない。

以上7組の錚々たるミュージシャンがラインナップ!文楽の再構築に初挑戦します。

■全国各地にネットワークが広がるMUSIC SHAREですが、「世界に誇れる日本のミュージシャンを紹介する」をコンセプトに、MUSIC SHAREの目指す音楽番組への目的と意義に共感したRed Bull Studios Tokyoのサポートと共に、日本トップクオリティーの音楽番組を今後も変わらず放送し続けていきます。


オフォシャルサイトはメディアや交流の場としてもコンテンツが充実していく予定。
MUSIC SHARE 公式サイト リンク
[画像4: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事