logo

「CLIP STUDIO PAINT」がスタジオ雲雀に採用 -現在放映中のフルデジタル制作テレビアニメ「潔癖男子!青山くん」で活用-

セルシスのイラスト・マンガ・アニメ制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」が、スタジオ雲雀のアニメーション制作ツールとして採用され、200ライセンス導入いただきました。「潔癖男子!青山くん」をはじめとした様々な作品でご利用頂いております。



[画像1: リンク ]



「潔癖男子!青山くん」(原作:坂本 拓/集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)は、現在放送中のテレビアニメ作品で、スタジオ雲雀がCLIP STUDIO PAINTを使用してフルデジタルで制作しています。

セルシスはアニメーション制作のデジタル化を支援しており、スタジオ雲雀には、この度導入頂いた200ライセンスに加え、6ヶ月間の期間限定ライセンスを200ライセンス無償で提供しており、制作に携わる社外のアニメーター用として活用いただいています。

また、制作環境についてお伺いしたインタビューページを、セルシスのコーポレイトサイトにて本日公開いたしました。インタビューでは、フルデジタル導入に至る経緯や、デジタル化の効果、これからアニメーターを目指す方に向けてのメッセージもいただいております。

▼インタビューはこちら

[画像2: リンク ]

リンク


CLIP STUDIO PAINTは全世界で250万人が使用したイラスト・マンガ・アニメ制作ソフトです。抜群の描き味と豊富な機能を備えており、多数のアニメーションスタジオに導入されています。

▼その他の導入会社様はこちら
リンク


TVアニメ「潔癖男子!青山くん」

[画像3: リンク ]



アニメ公式HP
リンク
アニメ公式Twitter
リンク

2017年7月より TOKYO MX・読売テレビ・BS11にて放送中。
TOKYO MX:7月2日より毎週日曜日24:00~
読売テレビ:7月3日より毎週月曜日26:29~
BS11:7月4日より毎週火曜日23:30~
リンク

「潔癖男子!青山くん」PV
リンク


株式会社スタジオ雲雀について
スタジオ雲雀は1979年に仕上げ専門のアニメスタジオとして設立されました。現在はグループ企業として3DCGスタジオのラークスエンタテインメントや海外の事業拠点があり、アニメーションブランドのラルケと共に、元請け作品の制作を中心に幅広く事業を展開しております。グループ企業内で手書きアニメと3DCGを駆使したハイブリッドなアニメ制作が可能です。

スタジオ雲雀ホームページ : リンク


株式会社セルシスについて
セルシスはグラフィック系コンテンツの制作・閲覧・流通を通じて、IT技術でクリエイターの支援をグローバルに行っています。
イラスト・マンガ・アニメ制作ツール「CLIP STUDIO PAINT」、Webサービス「CLIP STUDIO」を通じたクリエイターの創作活動をサポートするサービスの提供や、電子書籍ソリューション「BS Reader」等の、コンテンツ制作・流通・閲覧にまつわるソリューションを提供しています。

セルシスホームページ : リンク
CLIP STUDIO twitter : リンク

(C)CELSYS, Inc. All Rights Reserved.

製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

(注)ニュースリリースに記載されている内容は報道発表時の情報です。ご覧になった時点で内容等が変更になっている場合がございますのであらかじめご了承ください。

お問い合わせ先
株式会社セルシス 広報担当 増川 聖子
〒160-0023 東京都新宿区西新宿 4-15-7 パシフィックマークス新宿パークサイド 2F
TEL:03-3373-9919 / e-mail:press@artspark.co.jp

法人のお客様はこちら
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事