logo

ボンドが運営する外国人向け動画メディア「bond JAPAN」のスマートフォンアプリが配信開始

ボンド株式会社 2017年07月19日 08時40分
From PR TIMES

スマートフォンアプリ配信を皮切りに、WEB版ポータルサイトやキュレーションサービスも開始

外国人向け動画メディア「bond JAPAN」を運営するボンド株式会社(本社:東京都練馬区、代表取締役:住吉 良介、以下「ボンド」)は、スマートフォンアプリを(Google Play(TM))リリースしたことをお知らせいたします。同時に、「インバウンド・ジャパン 2017」へ出展致します。




[画像: リンク ]


bond JAPAN
「bond JAPAN」(リンク)は2017年3月に正式リリースした動画メディアです。主に、日本語教育と日本文化紹介の動画を英語を用いてSNS上(Facebook, Instagram, Youtube)で配信しているため、日本や日本文化、日本語に対して非常に関心の高い外国人がメインユーザーです。アジア人が多くを占めており、ご好評につきまして、ユーザーからは旅行案内や日本への留学及び就労相談などのお問い合わせを多数いただいております。すでに登録ユーザー数は35万を超え、高いエンゲージにより熱量の高いユーザーが集まるメディアへと成長しています。

スマートフォンアプリ
「bond JAPAN」では、これまで主にSNS上を中心として動画配信をメインに行ってまいりました。しかし、SNS上だけですと積極的に「bond JAPAN」の動画を見たいユーザーが高い利便性を持って動画を閲覧することが難しかったため、多くのユーザーからスマートフォンアプリを求める声を多数いただいており、今回App StoreとGoogle Play(TM)上で専用アプリをリリースすることとなりました。動画の検索機能や、気に入った動画の保存機能があるため、これまで以上にユーザーは動画を手軽に楽しむことができるようになります。

「インバウンド・ジャパン 2017」出展
サービス拡充に伴いまして、より多くの潜在的な広告主様にサービスを紹介すべく、日経BP社(本社:東京都港区、社長:新実傑)が、2017年7月19日(水)~21日(金)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)にて主催するインバウンドの総合展示会「インバウンド・ジャパン 2017」に弊社も出展いたします。多様な領域で動画をマーケティング手法として活用にするようになり久しいですが、「bond JAPAN」でもインバウンド領域において事業会社様のプロモーションのお手伝いをできればと考えております。

WEB版ポータルサイト
同様に、専用サイトがこれまでなかったため、SNS以外のPCやモバイルで「bond JAPAN」の動画を楽しむことができるようにWEB版ポータルサイトも公開いたしました。(リンク)これにより、SNS、スマートフォンアプリ以外でもユーザーは動画を見ることができるようになり、ユーザーの間口は非常に広くなりました。

キュレーションサービス
外国人に対してさらに日本の多くの情報を届けるべく、キュレーションサービスも開始いたしました。「bond JAPAN」は動画が主体の媒体ですが、新サービス導入により動画以外でもユーザーは日本の情報を入手することができるようになり、また「bond JAPAN」だけでは扱うことができなかった多様な情報を得ることができるようになりました。今回この新サービス開始に伴い、多くのパートナー様との協業を拡大していく予定です。

ボンド株式会社について
ボンドは、"Create cultures, across cultures."を掲げ、外国人向け動画メディア「bond JAPAN」の運営と、日本を海外に発信するライブ配信プラットフォームアプリ「bond LIVE」の開発を行なっております。
[動画: リンク ]



■会社概要
会社名  : ボンド株式会社
URL   : リンク
本社   : 東京都練馬区
代表取締役: 住吉 良介
設立   : 2016年12月
Mail    :  info@bond-co.jp
事業概要 : 外国人向け動画メディア「bond JAPAN」の運営
日本文化ライブ配信プラットフォームアプリ「bond LIVE」の開発(※8月公開予定)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事