logo

ついに仲間との共闘が叶う!『戦国幻武~本格軍勢バトル~』同盟機能追加!

6waves 2017年07月18日 19時13分
From PR TIMES

シングルプレイだけじゃない!仲間と一緒に戦えば面白さ倍増!

Six Waves Inc./6waves株式会社(東京都港区、VP兼ジェネラルマネージャー:高野ケン、以下6waves)は、2017年7月18日(火)に、『戦国幻武~本格軍勢バトル~』のアップデートを実施しました。



[画像1: リンク ]

軍勢ストラテジーゲーム『戦国幻武』が、初のアップデートでさらなるやりこみ要素が充実!

◆主なアップデート内容
・新機能『同盟』実装
・新機能『大合戦』実装
・武将のビジュアルアップデート

◆同盟機能がついに実装!
最大50名でチームを組むことができる新機能『同盟』がついに実装!
これまでの『戦国幻武』では、基本的に1人でゲームを進める楽しさがありましたが、今回新しく実装した『同盟』により、仲間との協力ができるようになり、さらに面白くなりました!同盟に加入すると、同盟加入者だけが入ることができる同盟専用エリアが開放されます。また、同盟商店などの同盟専用機能が利用できるようになるため、ゲームに慣れたら、同盟に加入してみてください!
[画像2: リンク ]


◆2つの勢力にわかれて戦う『大合戦』を実装!
毎週、赤勢力と青勢力にわかれて全ユーザー同士で戦うことができる新機能『大合戦』を実装!
大合戦の開催日はゲーム内、公式サイト、公式Twitterなどで公開予定です。
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

◆既存武将がさらに魅力的に生まれ変わる!
今回のアップデートで、『UR仙桃院』、『UR森可成』の2名のグラフィックが一新!より華やかで、格好良く生まれ変わった武将をぜひご覧ください!
※今回のグラフィック変更によるステータスへの影響はありません。
[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

◆◆◆『戦国幻武』のおもしろさ◆◆

戦国幻武は、織田信長をはじめとする戦国にまつわる重厚なストーリーを軸に構成され、戦略と軍勢バトルの両方が楽しめるゲームです。

・編成を自由に組める
多彩なスキルを持つ個性的な戦国武将を育て、自分だけの強い軍隊をつくることができます。歴史上では敵同士だった武将を組み合わせて「夢の布陣」を組むことも自由自在。
[画像7: リンク ]

・リアルタイムで武将を動かせる
武将たちを自由に動かし、戦略を組み立てながら、本格的なリアルタイムバトルが楽しめます。武将はタップすることで自由に動かすことができ、戦場に入り乱れる武将を思いどおりに操作できます。さまざまな兵種が存在し、それぞれ機動力が異なるため、多様な戦略が可能です。
[画像8: リンク ]

・日本中のプレイヤーと対戦できる
日本中のプレイヤーと対戦できる機能(PvP)を搭載!最強の布陣をつくり、最高の戦略を駆使して天下を狙って突き進めます。

・育成要素も盛りだくさん
どうやって育てるか、どういう装備にするかなど、組み合わせや育成方法を開拓する面白さが満載!

さまざまな兵種と戦略で相手の城を攻め落とし「最強」を手に入れよう!

■アプリケーション概要
アプリ名:戦国幻武~本格軍勢バトル~
プレイ料金:基本無料(一部アイテム課金あり)
ジャンル:リアルタイムストラテジー
配信日:2017年6月7日
対応OS:iOS, Android
対象OS:iOS7.0以降 iPhone5s以降、Android 4.4以上対応機種
※一部機種を除く
※推奨端末以外でのサポート、補償などは致しかねますので何卒ご了承ください。
App Store:リンク
Google play:リンク
公式Twitter:リンク
公式Facebook:リンク
公式サイト:リンク

■6waves について
6waves は全世界でモバイル&ソーシャルゲームを配信するゲームパブリシャーです。50 タイトル以上のゲームを iOS、Android、Facebook、tencent、Tango、 Amazon、 Yahoo!モバゲー、mixi、ニコニコアプリなどのプラットフォームで配信しています。海外では、香港App Storeで「逐鹿三国」がトップセールス 1位を獲得。日本では「三国天武」「ソラヒメ Ace Virgin」「戦場のツインテール」「ソウルクロニクル」など、多数のゲームを配信中。

発売・販売  : Six Waves Inc.
著作権表記  : (C)6waves
6waves公式サイト  :リンク
6waves公式Twitter :リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事