logo

【オリックス・レンテック】ロボットレンタルサービス「RoboRen」 自動搬送ロボットのレンタルサービス開始

~工場内の搬送自動化を促進し、生産性の向上に貢献~

 オリックス・レンテック株式会社(本社:東京都品川区、社長:井尻 康之)は、このたび、日本電産シンポ株式会社(本社:京都府長岡京市、社長:西本 達也、以下「日本電産シンポ」)と、オムロン株式会社(本社:京都府京都市、社長:山田 義仁、以下「オムロン」)の自動搬送ロボットの法人向けレンタルサービスを開始しますのでお知らせします。



[画像1: リンク ]

 自動搬送ロボットは、床面に敷設した磁気テープによる誘導や、コンピュータ制御によって無人走行する自動搬送ロボットです。主に工場内での作業工程間の商品搬送や倉庫内での荷物の牽引など、作業者が移動することなく部品や商品を運搬できるため、省力化・省人化につながり、生産性の向上が図れます。

 今回取り扱う自動搬送ロボットは、日本電産シンポの「S-CART100」とオムロンの「LDシリーズ」です。「S-CART100」は、タブレット端末で自由に走行ルートを設定でき、急な経路変更にも対応が可能です。また、障害物を自動検知し自動停止するため、安全性も確保できます。「LDシリーズ」は、事前にルートを登録する必要がなく、内蔵するレーザースキャナーで周囲の空間距離を測定し、自動的に最短ルートを判断して走行します。また、事前に障害物を検知し回避して目的地に到達することができます。


 サービス開始に当たっては、「3ヵ月お試しレンタルパック」を提供し、「導入前に現場環境に合った利用が可能か実証実験をしたい」というお客さまのニーズにお応えします。さらに協働ロボットと組み合わせた使用をすることで、より最適な搬送システムの設計・構築が可能となります。


 オリックス・レンテックは、2016年4月よりロボットのレンタルサービス「RoboRen」を開始しました。約40年にわたる精密機器のレンタルビジネスにおける資産管理ノウハウを生かし、ロボット本体のレンタルと自社専任エンジニアによる技術サポートを行っています。また、常設のロボットショールーム「Tokyo Robot Lab.」「Tokyo Robot Lab.2」を開設し、お客さまに実物のロボットの動作や操作性を確認していただく機会も提供しています。
[画像2: リンク ]

 今後もオリックス・レンテックでは、引き続き高い需要が見込まれる製造業分野、生活分野、医療・福祉分野、公共分野を中心に「RoboRen」を拡大し、日本国内の人材不足の解消や生産性向上などの課題解決と、国内産業の発展に貢献してまいります。

[画像3: リンク ]


■日本電産シンポ株式会社 会社概要
名称:日本電産シンポ株式会社
本社所在地:〒617-0833 京都府長岡京市神足寺田1番地
代表者:代表取締役社長 西本 達也
事業内容:減速機、無段変速機の製造販売。電子機器および電子機器の製造販売
ホームぺージ:リンク

■オムロン株式会社 会社概要
名称:オムロン株式会社
本社所在地:〒600-8530 京都府京都市塩小路通堀川東入
代表者:代表取締役社長 CEO 山田 義仁
事業内容:センシングおよびコントロール技術を軸とした制御機器総合メーカー
ホームぺージ:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事