logo

VRを活用し、臨場感のある住宅見学サービスを開始

株式会社エスケーホーム 2017年07月14日 15時30分
From PR TIMES

株式会社エスケーホームは、2017年7月よりVR(バーチャルリアリティ)システムを活用した新しい住宅見学サービスを開始しました。



[画像: リンク ]

株式会社エスケーホーム(本社:熊本県山鹿市 代表取締役社長 瀬口 力、以下エスケーホーム)は、2017年7月よりVR(バーチャルリアリティ)システムを活用した新しい住宅見学サービスを開始しました。
これにより、お客様は一か所の打合せ場所に居ながら、未完成の様々な戸建て住宅プランをバーチャル空間内で歩き回る疑似体験ができることになります。従来、リビングルームの奥行きや吹き抜けの高さの違いなどについては実際に建たなければイメージしづらかった注文住宅業界の課題を解決するもので、本システムを活用することでお客様は臨場感のあるリアルな疑似体験が可能となり、より具体的なマイホームの検討が実現できることとなります。

VRシステムの特長

ヘッドマウントディスプレイ(頭部装着ディスプレイ)を装着することで、実際の目線でバーチャル空間を歩き回ることができ、居住空間を疑似体験することが可能。バーチャル空間では本物の建物内にいるようなリアルな没入感を味わうことができるため、より具体的に住空間を容易にイメージすることができる。
お客様は、ご契約の前に空間サイズ、家具、建具の大きさ、キッチンの高さ、色や素材の組み合わせなど、VR空間で体感することで、安心してご契約及び着工へと進めることができる。
一般の住宅展示場では限られたプランしか見ることができないが、数多くのプランを体験でき、比較検討ができる。


当システムは2017年7月より、エスケーホームの各営業所に順次導入を開始して参ります。また、ショッピングモールや大規模商業施設などの狭小スペースにも設置し、「VR住宅見学会」と称してより多くのお客様に体験いただく機会を設けて参ります。
今後は、各お客様単位でご希望となるプラン提案をこのVRにて再現し、360度パノラマのお客様の目線にて自由に歩いたり、座ったり、物に振れたりすることで、お客様の完成前の住まいをよりリアルに感じていただくことで、安心感と満足度を高めていく所存です。
エスケーホームは、今後もITを活用したサービスを拡充し、生産性と顧客満足度の向上に貢献できるよう尽力して参ります。

■株式会社エスケーホームについて
エスケーホームは、注文住宅の企画、設計、販売、施工、監理を主な事業内容とする戸建住宅事業を行っております。ITに対する積極的投資を行い、生産性を高めることで、顧客へ設計自由度に優れた住宅を手の届く価格(2,000万円前後)で提供可能としております。
※経済産業省の「2016年 攻めのIT経営中小企業百選」にも選定されました。
 会社名:株式会社エスケーホーム (リンク)
 代表者:代表取締役社長 瀬口 力(せぐち ちから)
 所在地:熊本県山鹿市鍋田178-1
 設 立:1997年8月1日
 資本金:2億5,690万円

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事