logo

平成29年度バーチャルパワープラント構築実証事業への参画について

Nature Japan株式会社 2017年07月14日 13時15分
From PR TIMES

「Nature Remo」を活用し、家庭向けエアコンのリソースアグリゲーターとしてエアコンの需要を調整

Nature Japan株式会社は、関西電力株式会社と協力して、経済産業省資源エネルギー庁の補助事業である「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業費補助金」に申請し、補助金の執行団体である一般社団法人環境共創イニシアチブから2017年7月14日にリソースアグリゲーターとして登録完了通知を受領しました。

Nature Japan株式会社は、関西電力株式会社と協力して、経済産業省資源エネルギー庁の補助事業である「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業費補助金」に申請し、補助金の執行団体である一般社団法人環境共創イニシアチブから2017年7月14日にリソースアグリゲーターとして登録完了通知を受領しました。

本実証事業は、電力自由化や電力システム改革が進む中、社会全体として効率的なエネルギー利用に資するエネルギーインフラの基盤構築に向けて、従来にない新たなエネルギーマネジメントの実現を目指すものです。具体的には、電力系統に散在する需要家側の機をIoT(モノのインターネット) 化して束ねることで、需要家側設備における需給調整余力を有効活用し、あたかも1つの発電所(仮想発電所)のように機能させる仕組みの構築を目指すもので、Nature Japan株式会社は「Nature Remo」(ネイチャー リモ)を活用し、家庭向けエアコンのリソースアグリゲーターとしてエアコンの需要調整を担当します。

【Nature Remoについて】
Nature Remoは、どんなエアコン(赤外線リモコン付きのものに限る)でも簡単にスマートエアコンにできるIoT製品で、Nature Remoのスマートフォンアプリを使えば、どこからでもエアコンの操作が可能になります。近日中にIFTTTとの連携もリリース予定で、それにより携帯の位置情報を活用した自動On/Off機能やGoogle Homeとの連携も可能になります。

【Nature Japan株式会社 について】
会社名:Nature Japan株式会社(ネイチャー ジャパン カブシキガイシャ)
代表取締役:塩出 晴海(しおで はるうみ)
URL:リンク

概要:米国ボストンにて創業されたNature Incの日本法人。Nature Incは、ハーバード大学発ベンチャーとして同大学のベンチャーインキュベーションプログラムに参加。海外の数々のビジネスコンテストで勝ち抜いており、ロンドン・ビジネス・スクール主催のCleanTech Challengeでは優勝。ハーバード・ビジネス・スクール主催のNew Venture CompetitionではFinalist に選ばれています。

Nature IncのFounder 兼 CEOの塩出晴海は、2008年スウェーデン王立工科大学にて情報工学の修士課程を修了後、2014年まで三井物産で東南アジアの電力事業開発に従事。2016年5月、ハーバード・ビジネス・スクールにてMBA課程を修了。

Nature IncのFounder 兼 CTOの大塚雅和は、 2000年にパナソニックに入社。2007年より面白法人カヤックにて、「nakamap」(現lobi)「wonderfl」など多くのWebサービスの企画・開発を担当。2013年に同社を独立し、 WiFi機能の付いたオープンソースの赤外線リモコンデバイス「IRKit」を開発・販売。

【このリリースに関する問い合わせ先】
Nature Japan 株式会社 pr@nature.global

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。