logo

スノービューティーの連続ショートドラマ「Laundry Snow」 『朝篇「21:25 東京発、プラハ行き」』 、『夜篇「夏ノ空ニ、降ル雪ハ」』の2篇が、公開1週間で総再生回数100万回※を突破!

株式会社資生堂 2017年07月14日 11時00分
From PR TIMES



武井咲×高橋一生のW主演 /脚本・監督「タナダ ユキ」

あらためてショートドラマの注目ポイントをおさらいし、監督×アーティスト対談も公開
特製フライヤーを入手しないと視聴できないシークレットムービーについてもご紹介!

[画像1: リンク ]

 資生堂のブランド「スノービューティー」が、7月7日(金)から公開を開始した連続ショートドラマ、『朝篇「21:25 東京発、プラハ行き」』と、『夜篇「夏ノ空ニ、降ル雪ハ」』が、公開1週間後の7月14日(金)の時点で、2篇合計で総再生回数100万回※を突破しました。
 スノービューティーのスペシャルサイト(URL: リンク )およびYouTubeで公開して以来、話題を集めており、SNS上ではドラマを見た方から、「スノービューティーの動画見ましためっちゃ良い…」「切ないけれど、本当に素敵な物語。」「夜を見てから朝を見るとさ、笑顔を見れて良かったねって」「朝編見て夜編見るとまた朝編見たくなり、エンドレスに素晴らしいドラマをありがとうございます」などの投稿が数多く見られました。

 本作で注目していただきたいのは、武井咲さんが朝篇と夜篇で、対照的な二人の女性を一人二役で演じる、その演技力と、高橋一生さんが涙を浮かべるシーンで、SNS上でも「朝篇と夜篇、まるで別人のよう すごいなぁ」「高橋一生の切ない表情に涙出た…」と大きな反響をいただいています。

 また、店頭で配布されているフライヤーに記載されたQRコードを読み込むと、“シークレットムービー”を見ることができます。ショートドラマ本編にはない未公開映像や本編で明かされなかったマル秘情報も含まれており、本作ファン必見の魅力があふれる内容となっています。

 さらに、7月30日(日)放送の「おしゃれイズム」(日本テレビ系)に、高橋一生さんがゲスト出演されることが決定し、同番組内で本作映像を使用したこの日しか見られない特別編集バージョンの30秒CMもオンエアされる予定です。
動画URL:
【朝篇】 リンク
【夜篇】 リンク
※朝篇からご覧いただけるとより楽しめます。
※公式YouTubeほか、Webサイト上でのスノービューティー2017朝篇「21:25 東京発、プラハ行き」 と、夜篇「夏ノ空ニ、降ル雪ハ」本編の動画閲覧回数も含まれております。


[動画: リンク ]




<ご参考>連続ショートドラマ『朝篇「21:25 東京発、プラハ行き」』と、『夜篇「夏ノ空ニ、降ル雪ハ」』について
 高橋一生さんと武井咲さんのW主演による、朝篇・夜篇2本仕立てのショートドラマです。
 本作の舞台は、ある街に佇むクリーニング店「Laundry Snow」。高橋一生さん扮する“魔法”にかけられた店主と、5年ぶりの1人2役に挑戦した武井咲さんが演じる椿(つばき)・花(はな)という2人の客が、“白いワンピースについたシミ”をきっかけに出会うストーリーです。
 朝篇・夜篇は、ともに同じ舞台で描かれますが、朝篇での店主の言葉、表情に隠された“深い愛”の謎が、夜篇を見ることで明らかにされ、思わずもう一度見返したくなるショートドラマに仕上がっています。
 監督は、タナダユキさんで、2作の構成により、時空を超えた大人のファンタジーを描きました。主題歌には、はっぴぃえんど等の伝統的な日本語ロックとUSインディ等海外のサウンドが融合した楽曲で人気を集める「never young beach」のロックンロール・ナンバー「SURELY」を起用しました。
 衣装は、スズキタカユキさんが担当し、白と黒の服で、朝篇と夜篇のイメージに合う世界を表現しました。


《「スノービューティー2017」ショートドラマ 注目ポイント》
Point(1)夜篇のエンドロールに流れる主題歌「SURELY」の歌詞にも注目!
時空を超えた設定の朝篇と夜篇。80年も待ちつづけ、ようやく目の前に現れた、愛する人に対して店主がとった行動とは…!?
その驚きの結末は、朝篇と夜篇を通して見ることで明らかにされます。さらに、夜篇「夏ノ空ニ、降ル雪ハ」のエンドロールに流れる「SURELY」の歌詞は、「このまま時間がとまればいいのにな」「明日また会えたら嬉しく笑うんだ」「僕たちが出会ったことは奇跡なんだって思うから」など、店主のせつない気持ちを謳っているかのようです。
この短い2つの物語には、「究極の愛とは」「本当の幸せとは」など、誰もが一度は考えたことがある深いテーマが隠されています。

Point(2)朝篇と夜篇で全く別人!?な役作り!

[画像2: リンク ]


朝篇の武井咲さんは、年ごろの少女風。白く明るい衣装だけでなく、これからの希望にあふれる人生を象徴するような明るい表情で、目も輝いています。
ところが夜篇になると一変。黒い服に身を包み、悲しみを背負いながら、人生に対する希望や愛を失った表情。儚げな美しさが際立ちます。

朝篇では、黒いシャツに現代風の髪形にセットされた高橋一生さん。注目すべきはやはり「目」です。すべてを悟ったように温かく、しかしどこか切ない目をした店主を演じました。
一方、夜篇では白いシャツに身を包み、時代を感じる髪形にアレンジ。何にも囚われていない純粋無垢な眼差しで、一途な青年の想いを物語っています。


Point(3)撮影時の秘話
撮影は5月某日、都内のスタジオで行われました。早朝からシャキッとした表情で現場入りした武井咲さんと、高橋一生さん。お二人とも場数を多くこなしたプロフェッショナル。ほとんどNGを出さないことに、スタッフ一同は驚きを隠せませんでした。注目の涙の演技では、武井さんは「カット」の声がかかるまで大号泣し、一発OK。監督は、高橋さんに対しても、涙が滲んだとしても流さずにいて欲しいと思っていたら、何も言わなくても期待通りの芝居をしてくれて心底驚いたそうです。これだけの大作をわずか2日間で撮り切りながらも、全く疲れを見せず、スタッフを気遣うお二人の姿がとても印象的でした。


《監督・脚本「タナダ ユキ」×主題歌「never young beach(Vocal&Guitar 安部勇磨)」対談動画》
監督・脚本を担当したタナダユキさんと、主題歌を担当したnever young beachのボーカル安部勇磨さんが、本作の見どころや主題歌の魅力を対談形式でお送りするスペシャル動画が7月14日(金)午前11時から公開されます。映像と音楽の世界で人々を魅了するお二人が、どのようなこだわりを持って制作に取り組むのか、普段なかなか聞くことができない豪華な対談となっています。
動画URL: リンク
[画像3: リンク ]



《「スノービューティー2017」特製フライヤーに記載のQRコードを読み込むことで視聴できる“シークレットムービー”》
 全国の店頭で配布されているスノービューティー2017連続ショートドラマの特製フライヤーの裏面に記載されたQRコードを読み込むと、本編では描かれなかった小話を収録した“シークレットムービー”が視聴可能です。夜と朝の間をつなぐ特別な物語を、店主に扮する高橋一生さんが視聴者に向かってやさしく語りかけます。まるでショートドラマの世界に自分が迷い込んだような錯覚を感じていただける内容となっています。

特製フライヤー配布場所:
スノービューティー取扱い店舗(大手ドラッグストア・総合スーパー・化粧品専門店など)でお渡ししています。
※全店ではありません。数に限りがございます。
[画像4: リンク ]


▼ スノービューティー スペシャルサイト
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事