logo

法人向け健康管理サービスを提供するハカルス、京都市スタートアップ支援ファンドなどから5000万円の資金調達、累計調達額が1億円に

株式会社ハカルス 2017年07月14日 10時30分
From PR TIMES



[画像1: リンク ]

スマートフォンアプリを使った健康管理サービスを提供する株式会社ハカルス(本社:京都市中京区、代表取締役:藤原健真)は、京都市スタートアップ支援ファンドを引受先とする第三者割当増資、日本政策金融公庫の資本性ローンによる合計5000万円の資金調達を実施し、昨年10月のシード資金調達からの累計調達額が1億円に達したことをお知らせします。

今回調達した資金によって、当社のフィリピン拠点でのエンジニア人材の追加採用、および日本国内でのパートナー営業体制の強化を行います。

京都市スタートアップ支援ファンドについて

京都市スタートアップ支援ファンドは、京都市の施策である「まち・ひと・しごと・こころ京都創生」総合戦略の取り組みとして、地元産業の育成のために2016年4月28日に設立された創業支援ファンドです。フューチャーベンチャーキャピタル株式会社が運営を行い、京都信用金庫・京都中央信用金庫・京都リサーチパーク株式会社がファンドに出資しています。2017年7月14日時点でのファンド総額は2億6,000万円です。

ファンドの特徴としては、投資先ベンチャー企業に対する研究開発・販路開拓の支援、追加融資などの資金的サポートが京都市およびファンド出資企業から受けられる点になります。ファンドの運営を行うフューチャーベンチャーキャピタルについては、米国の子会社であるFVC Americas(本社:米国コロラド州)を通じて、日本のベンチャー企業に対する米国進出の支援を行っています。

資金の用途と今後の展開

今回調達した資金によって、ディープラーニングだけに頼らない独自の人工知能アルゴリズムの開発をさらに推進します。少量のデータから全体の傾向や特徴が導き出せる「スパースモデリング技術」については、引き続き東北大学の大関真之准教授と連携を行い、ヘルスケア領域での課題とされるアプリを使ったデータ入力の煩雑さ、データ欠損の問題を克服します。

スマートフォンアプリとクラウド環境(ウェブ上の管理システム)の開発体制を強化するため、当社のフィリピン拠点でのエンジニア人材の追加採用を行います。フィリピン拠点では、これらに加えてパートナー企業向けの各種APIの開発、スパースモデリング技術を駆使したデータ解析とレポート生成、海外向けサービスの開発を今後行います。

ハカルスでは、産学連携による差別化されたテクノロジーを用いて、様々なヘルスケアサービスを日本国内だけでなく、海外に向けても提供する予定です。
[画像2: リンク ]

左から、大関真之(東北大学情報科学研究科応用情報科学准教授)、藤原健真(ハカルス代表取締役:カリフォルニア州立大学Computer Science学部卒)、染田貴志(同取締役CTO:京都大学大学院情報学研究科システム科学卒)


■株式会社ハカルスについて
本社:京都府京都市中京区町頭町112番地 菊三ビル3階302号室
設立:2014年1月14日
資本金:2,245万円
主要株主:みやこキャピタル株式会社、中信ベンチャーキャピタル株式会社、池田泉州キャピタル株式会社、京銀リース・キャピタル株式会社、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社、経営陣ほか個人
URL:リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
[TEL] 075-708-5516 / [Email] pr@hacarus.com

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。