logo

学習支援クラウドサービスの『Classi』岡山大学とビッグデータ解析による英単語学習意欲向上のための実証事業を開始

株式会社ベネッセホールディングス 2017年07月13日 14時00分
From PR TIMES

~「マイクロステップスケジューリング法」を活用した個別成果の可視化を実現~



[表: リンク ]


【研究概要】
実施時期:2017年6月~2017年12月末 ※状況により延長の可能性あり
実施内容:大学入試で必要とされる英単語のeラーニング
対象学年:岡山県、その他の高等学校の高校生1・2年生
実施方法:英単語学習コンテンツを、生徒個々のスマートフォンやタブレットで利用
     ※以下の2つのeラーニングシステムのいずれかを利用
     Aグループ ⇒「マイクロステップスケジューリング法」で学習
     Bグループ ⇒英単語帳で順番に覚えていく従来型の学習

【マイクロステップスケジューリング法を活用した学習法実証研究の流れ】

[画像1: リンク ]


【ご参考】
■ビッグデータの教育活用:ビッグデータの質を飛躍的に高めることで、子ども一人ひとりの日々の学習の効果が可視化できる

出典:岡山大学 大学院教育学研究科教授 寺澤孝文 公式ウェブサイト
リンク
[画像2: リンク ]

■Classiの最近の取り組みについては、以下プレスリリースをあわせてご覧ください。
「Classi、高校生向けサービスの導入学校数が1,800校以上、有料利用者数が70万人を突破」
リンク

「今夏よりClassiにアダプティブラーニングを本格提供」
リンク

【サービスのお問い合わせ先】
Classi株式会社のホームページをご覧ください。 URL : リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。