logo

ファーウェイ、米ガートナーのデータセンターネットワーキングに関するマジッククアドラントで「チャレンジャー」へ

ファーウェイ・ジャパン 2017年07月13日 15時07分
From PR TIMES

ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は7月7日、米ガートナーが7月3日に発表したデータセンターネットワーキングに関するマジッククアドラントで「チャレンジャー」に位置づけられたことを発表しました。ガートナーは、実行能力とビジョンの完全性という2つの観点からの基準により各ベンダーを評価しています。ファーウェイは、市場シェアで急成長を続けていることに加え、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせた革新的なソリューションにより、従来の「ニッチプレイヤー」から新たに「チャレンジャー」となりました。ファーウェイのCloudFabricソリューションは現在、クラウドデータセンターネットワークの構築において世界各地の多くの企業に選ばれています。

ファーウェイ スイッチおよびエンタープライズゲートウェイプロダクトライン プレジデントである胡克文(ケビン・フー)は次のように述べています。 「今回のガートナーによる評価は、オープンかつシンプルで、弾力性の高いクラウドデータセンターネットワークを構築するという当社の戦略と、その戦略の着実な実行が評価された結果だと考えます。ファーウェイは常に顧客を中心に考え、金融やOTTのクラウドサービスなどで世界をリードする顧客企業にコラボレイティブなソリューションを提供することに注力しているほか、これらの実績により、他業界でも堅調な成長を実現しています。企業は将来、アプリケーションポリシーにプロアクティブに対応し自己最適化を実現する、よりインテリジェントなネットワークの構築にシフトしていくでしょう。また、インテリジェントかつ自動的な保守・管理が可能なアプリケーション主導のデータセンターネットワークの構築に向けて、ネットワークのプランニング、展開、O&M、最適化など、データセンターネットワークの管理・保守におけるさまざまな分野でAIの利用も進むでしょう」

ネットワーク自動化を実現するうえでは、オープン性がその前提条件となり、エコシステムがその成功を保証する鍵となります。ガートナーのレポートによれば、各ベンダー固有のソリューションから脱却を図りたいと考えるユーザー企業が増えています。ガートナーのエンドユーザーへの調査結果(回答数 83)では、企業の42%がオープンスタンダードとマルチベンダー間の相互接続性への対応を必須要件と考えており、34%が非常に重要、20%がある程度重要と回答しています。つまり、ユーザー企業の96%が、ソリューションのオープン性が導入にあたっての重要な基準と考えているのです。

ファーウェイのCloudFabricソリューションは、サードパーティのクラウド基盤、コントローラー、付加価値サービス(VAS)デバイス、自動管理ツールと統合可能なオープンスタンダードなAPIを提供しています。また、米ヴイエムウェア(VMware)、米レッドハット(Red Hat)、米ミランティス(Mirantis)、北京科技(UnitedStack)、北京易捷思達科技発展(EasyStack)、米F5、米アンシブル(Ansible)などの20以上のパートナー企業と協力し、統合が容易で強力な展開能力を備えたSDNソリューションをユーザーが柔軟に選択できるよう、多層にわたるエコシステムを構築しています。

ファーウェイのCloudFabricソリューションは2012年の最初のリリース以降、技術革新がもたらす画期的な先進性によって力強い成長を続けています。特に、金融、インターネット、メディア業界で数多く商用利用が進められています。ファーウェイのCloudFabricソリューションは現在、世界の120を超える国の2,800社以上にさまざまな形で導入され、お客様のオープンかつシンプルで弾力性のあるクラウドデータセンターネットワークの構築とデジタル変革の実現を支援しています。

ファーウェイのCloudFabricソリューションについては、こちらをご覧ください:
リンク

また、米ガートナーによるデータセンターネットワーキングに関するマジッククアドラントレポートは、こちらからご覧いただけます。

<ご参考>
3月30日発表プレスリリース:ファーウェイ、CloudFabricソリューションでブラジルの次世代IXPネットワーク構築を支援

ガートナーのマジッククアドラントについて:
ガートナーは、ガートナーリサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナーリサーチの発行物は、ガートナーリサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。


※本参考資料は2017年7月7日(現地時間)に中国・深圳で発表されたプレスリリースの翻訳版です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事