logo

子どもの金融教育に悩む保護者向けの入門講座『ハピプロスクール for Parents』初開催

日本ファイナンシャルアカデミー株式会社 2017年07月13日 15時00分
From PR TIMES

柏の葉ラウンジにて初開催・受講料無料

ファイナンシャルアカデミーグループ(本社:東京都新宿区、代表:泉正人)の一員である一般社団法人金融学習協会は、2017年7月23日(日)に 『柏の葉ラウンジ』にて、「ハピプロスクール for Parents」を初開催します。



[画像1: リンク ]


■親は子供への金融教育の方法を知らない
リンク

『ハピプロスクール for Parents』は、小学生向け講座『ハピプロスクール』から派生した、子どもの金融教育に悩む保護者様のための入門講座です。2015年からスタートした『ハピプロスクール』は、毎回参加したお子さんだけではなく、保護者様からも高い評価を得ており、「自分も学びたい!」という声をいただいてます。

金融教育は学校で積極的に教わらない現状、子どもへの金融教育の現場は家庭であり、親御さんが教えていくことがメインとなります。ですが「どう教えればいいのか?」「なにをすればいいのか?」など、教育方法がわからず悩んでいる保護者様は少なくありません。

そんな方たちの声から生まれた今回の『ハピプロスクール for Parents』は、のべ42万人が学んだ、ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」やT-KIDSシェアスクールで開催中の「ハピプロスクール」のエッセンスがつまった特別講座です。

子どもたちを取り巻く環境は、今どうなっているのか、今後どうなっていくのか。その中で子どもたちは、どんな風にお金と付き合うと良いのか。親としては、どんな風にお金と付き合うと良いのか。「お金の大切さはわかるけれど、ちゃんと学んだことはないな…」という保護者様にほど、新たな発見があるはず。

この機会に子どもたちがお金や経済についてポジティブなイメージを持ち、将来をのびのびと生きるための知識と感性を育てませんか?


■過去のハピスクに参加した保護者様の評価

『お金を使うだけではなく、売る体験は娘にとって初めてだったので良かったです。』(保護者40代女性)
『ハピの概念は、これから娘と一緒に自分も買い物をする際に頭に置いておきたいと思いました。』(保護者40代女性)
『あっという間の2時間で、とても楽しい時間でした。』(保護者40代女性)


■開催概要

講座名 :『ハピプロスクール for Parents』
開催日 :2017年7月23日(日)
時間  :10:20~11:00
場所  :柏の葉ラウンジ
受講料 :無料

申込みはこちらから
リンク

同時に子ども向け『ハピプロスクール』も開催しています。
ぜひ親子でいっしょに学んでみませんか。
リンク

[画像2: リンク ]



■ハピプロスクールとは

一般社団法人金融学習協会が開発したボードゲーム「HAPPY×PROJECT(ハピプロ)」を使って、人生を通じて役立つお金との付き合い方を学んだり、商品を考案しながらお金の価値について考えたりする小学生向け講座です。幸せポイント「ハピ」を集めることを目的にしたゲームやワークショップを通じ、自分の気持ちと計画性のバランスを大切にしたお金との付き合い方を、楽しみながら身につけることができます。


■ファイナンシャルアカデミーグループとは

ファイナンシャルアカデミーグループは、「お金の教養」を身につけるためのお金の学校「ファイナンシャルアカデミー」を中心とし、女性ファイナンシャルプランナーによるお金の総合クリニック「エフピーウーマン」、気軽に学べるお金のレッスンスタジオ「マネテリ」、金融経済教育の資格検定を行う「一般社団法人金融学習協会」、現代の社会や生活を「お金」という面から切り取って研究・発信を行う「FAG総合研究所」、ソーシャル家計簿「bookeep」を運営する「アキュム」から構成されている金融経済教育を提供するグループです。また、メディア部門「STAGE~人生の舞台で輝くためのライフスタイルマガジン」にて、さまざまなジャンルの第一線で活躍する方々のLife& Workstyleを中心にさまざまな情報を発信しています。

2002年の創立以来、東京校・大阪校・ニューヨーク校・通信制・WEB自宅受講を通じて、15年間で延べ42万人の方が学んでいます。家計管理、お金の貯め方といった身近な生活のお金から、会計、経済などの学問的視点、株式投資や不動産投資などの資産運用まで、お金の教養を2年かけて学ぶコースを中心に開講しています。

誰もが一生の付き合いとなるお金。義務教育で教わらない「お金の教養」の普及を通じ、より多くの人に真に豊かでゆとりある人生を送ってもらうことを目指しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。