logo

「ノンプログラミングで紫外線をお知らせ!IoT入門ハンズオン」をLabProto(ラボプロト)で開催

デジタルハリウッド大学大学院内にあるファブ工房「LabProto(ラボプロト)」にてdotstudio主催によるハンズオンを開催

デジタルハリウッド大学大学院では、プロトタイピングのためのファブ工房「LabProto(ラボプロト)」にてハンズオン、「ノンプログラミングで紫外線をお知らせ!IoT入門ハンズオン ( Wio Node + IFTTT )」(主催:dotstudio株式会社)を6月30日に開催いたしました。



 日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院では、プロトタイピングのためのファブ工房「LabProto(ラボプロト)」にてハンズオン、「ノンプログラミングで紫外線をお知らせ!IoT入門ハンズオン ( Wio Node + IFTTT )」(主催:dotstudio株式会社 代表 菅原遼介 以下dotstudio)を6月30日に開催いたしました。


<「ノンプログラミングで紫外線をお知らせ! IoT入門ハンズオン」開催報告>

当日はデジタルハリウッド大学大学院内の施設「LabProto」にて、VB.NET、PL/SQL、VBAで開発しているシステムエンジニアであり「Node Girls」の運営等も行うゆっきん氏(@yukkin4649)を講師としてお迎えし、紫外線指数を光って知らせるオーナメント作りを行いました。
[画像1: リンク ]


天気情報をネット上から取得し、LEDライトの光の色や量で、任意の場所の紫外線情報をお知らせする「Wio Node」というスマートフォンからの設定が可能なデバイスと、ノンプログラミングでサービス連携が可能な「IFTTT」というWebサービスを利用し、事前に公開されたハンズオンに沿って制作が行われました。ハンズオンが事前に公開されていることで、参加者全員の進捗に合わせた進行が可能となりました。
[画像2: リンク ]


dotstudioメンバーのサポートもあり、最初つまずいていた参加者も、最後にはデバイスを完成させることが出来ました。

会場として使われた本大学院施設「LabProto」は、プロトタイピングのためのファブ工房として2016年に開設しました。「画面の中」に留まらず、モノ・コトをつくり近未来を切り拓いていく人材育成のための拠点とし、3Dプリンタ、UVプリンタ、レーザーカッター等のデジタルファブリケーション機材等を備え、プロトタイピングと、グラフィック系制作の仕上げが出来る場所として学生に開放しております。学内コミュニティの育成にとどまらず、今回のような外部の方を招聘してのイベント等も随時開催し、本学院生、デジタルハリウッド全体のアウトプット向上につながる機会提供をこれからも行っていきます。

[画像3: リンク ]


デジタルハリウッド大学大学院のオープンキャンパスや学校説明会では、本学カリキュラムや院生・修了生のアウトプット事例に加え、「LabProto」を始めとする学修環境も実際にご見学いただき、詳しくご案内しております。ご興味をお持ちの方は、下記URLよりご予約のうえご参加ください。

◎ デジタルハリウッド大学大学院説明会
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事