logo

いま最も注目すべき22歳・松田大夢が漂流民族・バジャウ族の村にゲストハウスを建設開始 - オンライン英会話・ネイティブキャンプ英会話

株式会社ネイティブキャンプ 2017年07月13日 10時48分
From PR TIMES

「世界73億人を繋ぐ」サービスを目指すオンライン英会話サービスの「ネイティブキャンプ」(リンク)が応援しているフィリピンの海上の遊牧民族・バジャウ族の村に唯一住む日本人・「松田大夢(まつだひろむ)」さんがこの度、バジャウ族の村にゲストハウスの建設を開始しました。



[画像1: リンク ]


【松田大夢さんについて】
松田さんは19歳の頃に海の上の高床式の家で暮らすフィリピンの漂流民族・バジャウ族の村に移住。その後21歳でバジャウ族の女性と結婚し、バジャウ族の村で生活しながら、支援活動を行っています。その活動はバジャウ族の認知度・イメージ向上のための「バジャウ族ツアー」やバジャウ族支援活動資金のための自治体「ヒロム基金」の運営など多岐にわたります。ネイティブキャンプ英会話はバジャウ族支援活動を行う松田さんのバジャウ族支援活動に共感し、活動を応援しています。

【ゲストハウス建設の経緯】
バジャウ族はフィリピンでも少数派のため、多数派のビサヤ人に差別され、セブ島の都会化により仕事にしていた漁業が行えず、貧困が進んでいます。
[画像2: リンク ]

そんな中でバジャウ族のイメージの向上のため、松田さんはバジャウ族の村や近くの無人島を紹介する「バジャウ族ツアー」を定期的に開催しています。

[画像3: リンク ]

以前までは宿泊の際は松田さんの自宅を利用していましたが、参加人数が増えるに連れ、スペースが追いつかなくなりました。そこで、より多くの人にバジャウ族ツアーを体験してもらえるようゲストハウスの建設を計画しました。

ゲストハウス完成後はバジャウ族の村からセブ島の語学学校に通う「バジャウ留学」や学生団体、語学留学生の生徒向けアクティビティー「バジャウ合宿」などの新イベントも検討しています。ネイティブキャンプ英会話は今後も松田さんの活動を応援します。


[画像4: リンク ]



松田大夢 プロフィール
1995年生まれ。新潟県佐渡島出身。
高校3年生時にフィリピンのセブ島に行き、海上の遊牧民族・バジャウ族に出会い、移住。
2016年にはバジャウ族の女性と結婚。
バジャウ族支援を目的とした自治体「ヒロム基金」代表。

■オンライン英会話「ネイティブキャンプ英会話」とは
ネイティブキャンプ英会話とはオンライン英会話でインターネット回線を利用して世界中の英語講師とオンラインのビデオ通話で繋がり、安価で良質なマンツーマンの英語レッスンを24時間いつでも(1*)利用できるサービスです。
Skypeを利用する一般的なオンライン英会話とは異なり、iPhoneやAndroid、タブレット端末で利用できる独自開発アプリを使用するため、オンライン英会話に最も適した形でご利用いただけます。Skypeを使わず、アプリで講師の選択からレッスンが完結するシステムは国内初(2*)のリリースです。
ネイティブキャンプ最大の特徴は「予約不要」で”思い立ったらすぐ”レッスンを受けられる利便性の高さです。また、1日あたりのレッスン回数も無制限なので、月額4,950円でいつでもどこでも何度でも英会話レッスンを受けることができます。

■オンライン英会話「ネイティブキャンプ英会話」キャンペーン情報
7日間無料体験&予約に使える1,000コインプレゼント
プレミアムプラン(4,950円/月額):リンク

(1*) 毎週月曜日AM2:00~AM6:00の定期メンテナンスを除く
(2*) 自社調べ

[画像5: リンク ]

◆本件に関するお問合せ
ネイティブキャンプ英会話 広報部
リンク
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-9-2 大畠ビル3F
Tel:03-6386-5353
E-mail:press@nativecamp.net

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。