logo

LINE NEWS、新機能「オープンキャスト」を開始「ニュースタブ」トップページの編成権をメディアにも開放

LINE株式会社 2017年07月12日 18時36分 [ LINE株式会社のプレスリリース一覧 ]
From PR TIMES

参加メディアが直接ニュース記事の選定・掲載を行うことが可能になり、「LINE NEWS」ならではのニュース閲覧体験を加速



LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営するニュースサービス「LINE NEWS」において、本日より「LINE」アプリ内の「ニュースタブ」トップページを刷新し、当該ページ内に表示されるニュース記事の一部編成権をメディアに開放する「オープンキャスト」機能を新たに提供いたしますのでお知らせいたします。

「LINE NEWS」では、2017年2月より「LINE」アプリ内に新設された「ニュースタブ」のほか、ニュースアプリ「LINE NEWS」、公式アカウントを通じたダイジェスト形式のニュース配信「LINE NEWS DIGEST」、スマートフォン時代における雑誌の役割を担う「LINE NEWS マガジン」、そしてLINEの公式アカウントを使ったニュース配信機能を外部メディア向けに開放し、現在201メディアが参画する「LINEアカウントメディア プラットフォーム」といった多様なサービスにより、ユーザー各自のニーズに合致したニュース配信に努めてまいりました。2017年3月時点での現在の月間利用者数は、全「LINE」ユーザーの約87%を占める5,900万人にのぼっています。

[画像: リンク ]


■新たに、トップページの編成権をメディアに一部開放する「オープンキャスト」機能を追加
一般に、インターネットにおけるニュース記事の消費チャネルとしてポータルサイトが主流となっている一方、従来のポータルサイトでは、各メディアから配信されたニュース記事がポータルサイト単独の視点で選別され、ポータルサイトのブランドネームの下で提供されるため、ユーザーの手元に届く過程で、配信元メディアの存在や視点が削ぎ落とされてしまっているのが実情です。また、ユーザーにとっては、話題のニュースを認識しやすく、様々なメディアのニュースを一覧できるというメリットがある一方で、発信元であるメディア本来の制作意図に触れにくいという課題がありました。
このような現状を踏まえ、「LINE NEWS」では2015年12月より、「LINE」の公式アカウントを使ったニュース配信機能を外部メディア向けに開放する「LINEアカウントメディア プラットフォーム」を展開するなど、メディアとともに作るニュースプラットフォームの創出を目指してまいりましたが、この度、メディア独自の視点による記事配信のさらなる強化と、ユーザーが受け取れるニュースの多様化を目的に、新たに「LINE」アプリ内の「ニュースタブ」トップページの一部編成権をメディアに開放する「オープンキャスト」機能を提供いたします。現時点での対象は「LINEアカウントメディア プラットフォーム」参画メディアとし、今後さらなる対象メディアの拡大を予定しております。

これにより、各メディアは月間5,900万人が利用する「LINE NEWS」のトップページ内に、自社で厳選したニュース記事を直接掲載することが可能になると同時に、ユーザーは、各メディアが独自の目線で選定した、”今一番伝えたい”ニュースをダイレクトに受け取ることが可能になります。

■ユーザー属性に合わせたニュース表示や、話題のテーマごとのニュース表示にも順次対応
このほか、よりユーザーのニーズに則したニュース配信を行うため、今話題になっている旬なテーマごとのニュース表示や、ユーザーの属性に合わせたニュース表示も行ってまいります。「LINE」上で使用したスタンプ、利用しているアプリ、興味のあるコンテンツのほか、どんな公式アカウントをフォローしているか、過去にどのような記事を閲覧したか、といった傾向をもとに分析*1し、ユーザーごとに適したニュース表示を行なってまいります。
*1:電話番号、メールアドレス、アドレス帳、トーク等の機微情報は含みません。属性情報の推定は統計的に実施され、特定の個人の識別は行っておりません。また特定の個人を識別可能な情報の第三者(広告主等)の提供は実施いたしておりません。

「LINE NEWS」では、国内最大級のスマートフォンニュースサービスを展開することを目指し、引き続き様々な取り組みを進めてまいります。


<LINE NEWS概要>
■公式アカウント
アカウント名称:LINE NEWS
LINE ID: @linenews

■スマートフォンアプリ
アプリ名称:LINE NEWS
対応端末:iPhone/Android
対応言語:日本語
サービス地域:日本
サービス開始日:2013年7月18日
価格:無料
開発・運営:LINE Corporation
公式サイト: リンク
ダウンロード:
App Store リンク
Google Play リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。