logo

散歩アプリLinkx aruku(リンククロス アルク)とマイME-BYOカルテが連携

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社 2017年07月12日 11時00分
From PR TIMES

~神奈川県民の健康増進をサポート~

 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社(社長:高橋 薫、以下:当社)は、神奈川県のマイME-BYOカルテと連携し、散歩アプリ「Linkx aruku(リンククロス アルク)」を活用した、神奈川県民の健康増進に資する取り組みを開始します。



1.背景・経緯
・神奈川県は、健康寿命の延伸と新たな市場・産業の創出を目指す「ヘルスケア・ニューフロンティア政策」の一環として、県民の健康増進・未病改善を目的に、利用者自身の健康情報が一覧できるアプリケーション「マイME-BYO(みびょう)カルテ」を提供しています。

・損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、健康応援企業への変革を目指し、県民の健康増進と地域活性化に貢献するため、楽しく歩行を促進する散歩アプリ「Linkx aruku(リンククロス アルク)」を活用し、神奈川県民へ健康サービスを提供するとともに、マイME-BYOカルテの普及促進を図ります。

・本取組みは「ウォーキングアプリを活用したマイME-BYOカルテ普及促進業務」として採択され、業務委託契約の締結に至ったものです。

2.具体的な取組み(※今夏以降順次展開予定)
(1)マイME-BYOカルテへのデータ連携
 Linkx aruku(リンククロス アルク)の利用により取得される歩数データの連携を行い、マイME-BYOカルテにデータを蓄積します。

(2)Linkx aruku(リンククロス アルク)を用いたウォーキングイベントの実施
 当社が提供する散歩アプリLinkx aruku(リンククロス アルク)は「歩くことを楽しむ」ためのアプリとして、全国を網羅したウォーキングコースの掲載、散歩中の発見や想いをシェアする「あるメモ(あるくメモリー)」機能を搭載しており、健康活動における行動変容を実現することを目指してサービスを提供しています。本取組みにおいて、今後県や市町村と連携して地域に根ざしたウォーキングコースをLinkx aruku(リンククロス アルク)内に作成し、利用促進に向けたプロモーションを実施することで、県民へ健康サービスを提供します。

3.今後について
 当社は今後も「健康応援企業」への変革を目指し、各地方自治体の資源を有効に活用した協働により、地方創生の実現に資する活動に取り組んでまいります。


(参考)
 ユーザーの選択により、10月を目途にLinkx arukuの画面は神奈川バージョン(aruku KANAGAWA)に着せ替えが可能となる予定です。
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



※画像はイメージです。実際のものとは異なる場合があります。

◇散歩アプリLinkx aruku(リンククロス アルク)について
 Linkx aruku(リンククロス アルク)は、「毎日」「無理なく」「楽しく」「歩く」ことを目的とした散歩アプリです。

■散歩体験をアプリ上で共有できる
・「あるメモ(あるくメモリー)」という機能で、散歩中の発見を写真やコメントで共有できます。「かっこいい」や「おもしろい」などのスタンプを選ぶことができ、そのときの“気持ち”も一緒に残すことができます。
・共有された「あるメモ」は、アプリの地図上で見ることができます。
・駅周辺、施設・スポット、“気持ち”から、好みの「あるメモ」を探すことができます。
・気になった「あるメモ」は登録して、いつでもまとめて確認できます。

■全国500コース以上の散歩コースをご用意
・都道府県毎に検索可能で、豊富なジャンルの中からお好みのコースを選ぶことができます。
・周辺のトイレ情報など、散歩の際に便利なスポットも検索できます。
・当社本社および全国営業店の社員が各地域のコース作成に参加。

■歩いた内容を自動で記録
・歩いた記録(歩数、消費カロリー、歩いた距離、歩行軌跡、行った場所、撮った写真)が残るため、その日どこにいて何をしたかを振り返ることができます。
・記録した情報は、リストやタイムライン、地図やグラフで振り返ることができます。

■Fitbit連携でさらに詳細データを記録可能に
・Fitbitと連携することで、歩数の同期や、睡眠時間、アクティブな時間の表示、コース利用時の心拍数を測定できます。

◇「健康応援企業」損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の取組みについて
 当社は、“お客さまと保険”という関係性の枠を越えて、長くお客さまに寄り添い、健康に関する新たな価値を提供する「健康応援企業」への変革を目指しています。当社は今後も健康をテクノロジーでつなぐヘルステックへの対応を進め、健康に関する優れた商品やサービスを提供し、お客さまの健康増進を応援することに努めてまいります。

<健康応援企業としての取り組み>

[画像4: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事