logo

サントリー食品インターナショナルとベネフィットワン・ヘルスケアが連携開始 ― 企業の“健康経営”をサポートする両社のポイントサービスが7月よりさらに充実 ―

サントリー食品インターナショナル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小郷 三朗)と、パソナグループでヘルスケア関連事業を手がける株式会社ベネフィットワン・ヘルスケア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木 雅子)は連携し、7月より企業の“健康経営”を支援する両社のポイントサービスをさらに拡充させます。



[画像: リンク ]

サントリー食品インターナショナルは、昨年秋より、自動販売機とスマートフォンアプリを連動させ、企業の「健康経営」をサポートするポイントサービス「サントリー GREEN+(グリーンプラス)」を自動販売機業界で初めて開発、提供し、ご好評をいただいております。「サントリー GREEN+」は“買って、歩いて、貯めて、トクホ飲料と交換できる”オフィス・事業所内自動販売機向けポイントサービスです。

ベネフィットワン・ヘルスケアは全国の企業及び健康保険組合・国民健康保険等の保険者に対して、健康活動や健診結果に応じてインセンティブを付与する『健康ポイント事業』を、2016年6月より本格的に展開しており、現在28万人を対象に「健康ポイント」を付与しています。

今回、両社が連携することで、ベネフィットワン・ヘルスケアが提供する「健康ポイント」を「サントリー GREEN+」のポイントへ交換できるようになり、企業の健康経営をサポートする両社のポイントサービスをさらに充実させます。また、両社はお互いの会員団体・導入企業に対し、お互いのサービスの導入を薦めるなど、営業連携を図っていきます。

本連携を通じて、両社は企業の健康経営の更なるサポートを推進していきます。

■連携概要
期間:2017年7月11日(火)~
内容:
1.ポイント交換連携について
ベネフィットワン・ヘルスケアが提供する「健康ポイント」を「サントリーGREEN+」のポイントに交換可能

【ポイント交換の流れ】
(1)「健康ポイント」サイトにアクセスし、交換メニューを選択、クーポンコードを発行
(2)「サントリー GREEN+」のアプリを起動し、クーポンコードを入力
(3)チャージ完了

※ベネフィットワン・ヘルスケアの親会社である株式会社ベネフィット・ワンが提供する福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」で利用できる“ベネポ”及び、ポイント制報奨プログラムで提供する“インセンティブ・ポイント”から、「サントリー GREEN+」のポイントへ交換することも可能
※「サントリー GREEN+」からのポイント交換はできません。

2.営業連携について
ベネフィット・ワングループの会員団体を対象に「サントリー GREEN+」の導入を推進。また、「サントリー GREEN+」を導入する企業に「健康ポイント」の導入をお薦めする

◆サントリー食品インターナショナル株式会社 会社概要
社名 :サントリー食品インターナショナル株式会社
本社所在地 :東京都中央区京橋3丁目1-1 東京スクエアガーデン
代表者 :代表取締役社長 小郷 三朗
創業 :2009年1月
資本金 :1,683億8400万円
URL :リンク

◆株式会社ベネフィットワン・ヘルスケア 会社概要
社名 :株式会社ベネフィットワン・ヘルスケア
本店所在地 :東京都新宿区西新宿三丁目7番1号 新宿パークタワー35階
代表者 :代表取締役社長 鈴木 雅子
設立 :1990年11月2日
資本金 :2億1595万(2017年4月現在)
URL :リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事